ぶらぱんだ

ぱんだ♂的日常🎵今日もこの辺をぶらぶらします♪

Entries

『志のぶ支店(二十人町)』で冷やし中華♪

1709sinobu001.jpg

先日、仙台に出張した際に後輩クン(福島県人)を連れて『志のぶ支店(二十人町)』へ。


1709sinobu002.jpg

というのも、後輩クンに

images_20170926055011356.jpg


「冷やし中華ってのは仙台発祥なんだよ。。知ってた?って聞いたら「いやぁー、、、聞いた事無いですね・・・(-_-;)」というので。

まぁ知らなくても良いハナシでは有ります(笑)が、その場の流れで、じゃ冷やし中華をご馳走してあげるよ。。と。
 


1709sinobu003.jpg

夏になる前に転勤したものですから、ワタシも今日が今年初めての冷やし中華だったりします


1709sinobu004.jpg

「冷し中華 700円」
その店によって盛り付けが違うので、初めての人を連れて行くにはちょっとココだとアレだったかしら
ワタシ的に大事な錦糸卵が乗ってない一方で、(必須では無い)メンマとか乗ってて、全般的に「コレがTHE 冷やし中華だよ」と言いにくい感じ



1709sinobu005.jpg


まぁんでも、コレがワタシのウン十年食べて来た冷やし中華だから。と。

後輩クンは冷やし中華を初めて食べましたと。



え?images_2017092606042570b.jpg


来週からもぅ10月ですねぇ。早いです。。
今年は転勤で環境が変わった事も有ってか、あっという間に を迎えた感じ。

冷やし中華は1杯しか食べぬまま、今年の夏が終わりました




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

『大王(たーわん)』で「みそタンメン&ギョーザ」(石巻市)

1709tawan001.jpg

先週末の土曜日秋彼岸の中日でした。
石巻の亡父の墓を掃除しに行きましたが、石巻街道は利府の辺りから大渋滞でした


1709tawan002.jpg

お寺の境内も混雑してまして、いつもは水道のトコに豊富に置いてある墓参り用のバケツが1つも無くなっていました。。




1709tawan003.jpg

お墓掃除を終えて石巻の旧中心街、立町(たちまち)へ。


1709tawan004.jpg

震災後、橋通りの方から移転した『大王(たーわん)』へ。
店の前には行列が有りませんが、だからといって入り口をガラっと開けて入って行くと注意されるんです。

店の脇のゴミ箱が見える倉庫みたぃなトコにはナント

1709tawan005.jpg

入店待ちの行列が出来ているのです。
丁度昼時にあたってしまいましたので、20分ほどココで待つハメになりました


1709tawan006.jpg

待つこと20分ほど。やっと入店し、カウンターに案内されました。


1709tawan007.jpg

定番中の定番、鉄板メニューの組み合わせでオーダー。


1709tawan008.jpg

10分後、ようやく注文品が目の前に
行列に並び始めて30分強、経過しています。腹へった


1709tawan009.jpg


1709tawan010.jpg

「みそタンメン+ギョーザ(5ケ) 720円+350円」
みそタンメンに特製ラー油を回しかけて頂くのがワタシ流。。


1709tawan011.jpg

幅広の平麺。モチモチじゃなくプッツン系。子供の頃から食べ慣れた麺です。ソウルフードってヤツです


1709tawan012.jpg

ここで使用しているモヤシは黒豆のもやしです。
シャキシャキの歯ごたえが良く、食べ応えもあり、山盛りの野菜を攻略した達成感も味わえます。


1709tawan013.jpg

野菜主体の名物ギョーザ。
故郷ならではの思い入れも有るのでしょうが、こんな美味しいギョーザを出すトコを他に知りません
タンメンは普通盛りでもかなりの強敵ですが、無理をしてでもギョーザは食べて帰りたい一品です。




1709tawan014.jpg

すり鉢に入った豪快な味噌タンメンとギョーザ、石巻へ行ったなら是非トライしてみて欲しいです


1709tawan015.jpg







ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

キンモクセイと葡萄

1709kinmokusei001.jpg

この週末、仙台へ帰ってみると、我が家の周りが得も言われぬ良い香りに包まれていました。


1709kinmokusei002.jpg

庭のキンモクセイ金木犀)が今年も見事に花を咲かせました。
細君によると、私が帰って来る今日の朝、咲いたんだそうです。嬉しい歓迎を受けた感じ


1709kinmokusei003.jpg

キンモクセイはトイレの芳香剤の種類に「キンモクセイの香り」とか引用されちゃっていてイメージを甚だしく損ねていますが、あんな香り(とぃぅか、匂い)は全くキンモクセイとは程遠いものです。


1709kinmokusei004.jpg

キンモクセイは甘い香りも魅力ですが、金色に輝く可憐で可愛らしい花も、気高く神々しく、魅力的です。

この花を白ワインに漬けた酒が桂花陳酒(けいかちんしゅ)。
いつか作ってみたいと思うのですが、3年も掛るみたぃなので、ナカナカ思いきれないでいます。。




1709kinmokusei005.jpg

職場の人の親戚がブドウ農家だそうで、採りたて新鮮なブドウを安く譲って貰いました。。
全部で1,900円ですって。。店で買えば倍はします。



1709kinmokusei006.jpg

我が家では今年、ナニゲにブドウがブームになっているので、ちょうど良いタイミングでした。細君も喜んでくれました。
黒い方がブラックビート、緑がシャインマスカット


1709kinmokusei007.jpg

夜の晩酌、日本酒にも合う



1709kinmokusei008.jpg

皮ごと食べられて、種の無い品種。食べやすいのでパクパク行けちゃいます
もちろんジューシーで糖度もバッチリでした  福島は果樹王国でもあります。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 
*CommentList

『ラーメン工房 醤油亭』で米沢ライクなラーメン♪(福島市)

s-Fukusima.jpg

今日は福島市内の宿題店へ。タウン情報誌で見つけた店です。なんでも山形の米沢から移って来た店だとか。
米沢は福島市とは山を挟んで実はお隣。意外と近くなのです。車で1時間ちょっとで着きます。
ワタシ、米沢ラーメン大好きなのです。故郷の石巻の中華そばとも似た感じで



1709syoyutei001.jpg

『ラーメン工房 醤油亭』

福島市内と言っても中心部から大分離れた場所です。
先日レポートした『らーめん HOME』(記事はコチラ)の近所。



1709syoyutei002.jpg

店の前と、隣に有る住宅の敷地内も駐車できるんですが、ナニゲに駐車が難しい感じ


1709syoyutei003.jpg

こんな感じです。車がいっぱい。ぁ、これがワタシの新しい相棒です


1709syoyutei004.jpg

店内は少し薄暗くて、以前は何の店だったんだろう。
少なくともラーメン屋として造られた感じでは無いように思います。(調べてみると、やっぱスナックだったらしいです。。)


1709syoyutei005.jpg

一人客のワタシはもろスナック風のカウンターに案内されました。
店員さんも女将さんも、接客は皆とても丁寧で腰が低く、好感が持てました。


1709syoyutei006.jpg

ラーメンは醤油、味噌と3種類。種類も豊富です。これは攻略し甲斐が有ります



1709syoyutei007.jpg

おっと。こっちにも麺メニューが隠れています。汁なし麺ご飯メニューとで見逃すトコロでした。
酸辣(スーラー)麺ってのが有りますね。しばらく食べて無いので、とても興味を持ちました

実はこのメニュー表には無くて、壁のメニューには貼り出されているこの店の名物メニューが有ったのですが、それはまた次回。。



1709syoyutei008.jpg

ほどなくして着丼。。早いです。素晴らしい丼(器)が運ばれて来ました
ドンブリを食べるわけじゃ無いけど、素敵なドンブリに盛られていると、店の気概を感じます


1709syoyutei009.jpg

「醤油ラーメン 600円」
やはり初訪の時は店の基本となるノーマルメニューをという事で、店名のとおり醤油を



1709syoyutei010.jpg

米沢ラーメンを少しオイリーにした感じ、とでもいうのでしょうか。
醤油自体は珍しい特色のあるモノとは感じませんでしたが、自然で優しい味。それにしてはオイリーww


1709syoyutei011.jpg

麺は米沢!っていう感じの細縮れ麺。食感も喉越しも文句なし。茹で加減もGoodです
福島でこぅぃぅ麺に会えるとは思いませんでした。今日はほぼコレが目当てで来たのです



1709syoyutei012.jpg

メンマは仙台の志のぶと似た感じで、ショッパ目に炊いてあります。


1709syoyutei013.jpg

チャーシューは意外にも米沢っぽく無い、ワイルドなチャーシュー。

スープもチャーシューも、そのまんま米沢ラーメンとは言えない感じでは有りますが、福島市内では貴重な店だと感じます。
他のメニューも魅力的なのが多いので、長期にわたって攻略して、レポートしたいと思います。もぅ少し近いと良いのに。。。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

『東京荻窪中華そば 春木屋 郡山分店』で「中華そば」(郡山市)

s-koriyama.jpg

今日は福島県のほぼ中心郡山市に来ています。

「中央」でなく「中心」と書いたのは、実際のところ福島市<郡山市だと感じるから。
平成28年10月1日時点の人口を見ると、県内1位はいわき市で348千人、2位は郡山市で335千人、福島市は293千人で3位となっています。(福島県のHPより)
街並みを見てもJRの駅を見ても、郡山の方が立派に見えます



1709harukiya001.jpg

郡山は「郡山ラーメン」というような、いわゆるご当地ラーメンは無いのですが、有名店が多いのです。


1709harukiya002.jpg

そんな名の知れた有名店の中から今日は『東京荻窪中華そば 春木屋 郡山分店』へ。
人気店です。昼の時間帯は、店の人がいつも店の外に出ずっぱりで駐車場を案内しているほど。


1709harukiya003.jpg

東京都荻窪に昭和24年に創業した、歴史ある中華そば屋の分店。
味の根幹は変わらないようにしながら、時代とともに味やメニューは変わり続けているんだそうです。
メニューは醤油ベースと塩ベースの中華そばと、醤油、塩、味噌ベースのつけ麺、そしてご飯メニュー

1709harukiya004.jpg

わんたん麺が一番の人気メニューだそうです。


1709harukiya005.jpg

ほどなく着丼 しばらくブリの対麺です


1709harukiya006.jpg

「中華そば 700円」
今日は久々の訪問ですので看板商品を行っときました!


1709harukiya007.jpg

「そぼろごはん 250円」
とても細かく、滑らかにした肉そぼろ。優しい食感、味付けも優しい感じ


1709harukiya008.jpg

煮干しなどで出汁をとっているそうです。穏やかですが、しっかりとしたダシを感じます。



1709harukiya009.jpg

麺はやや太めのちぢれ麺。ゴワッとした麺の食感も相まって、見かけより意外とワイルドな一杯です。


1709harukiya010.jpg

大人し目なそぼろご飯に、スープを掛けてみました  こりゃぁ美味い



1709harukiya011.jpg

スープも完食  郡山の有名店の一杯を堪能出来ました





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

ぱんだ♂

Author:ぱんだ♂
雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪

最新記事

Since 2016

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

いま見てるパンダ

現在の閲覧者数: