タイトル画像

陸奥国分寺 薬師堂で火渡り修行♪

2017.02.13(06:06)

1702hiwatari001.jpg

今日は細君と木下に有る薬師堂のお祭りへ。


1702hiwatari002.jpg

陸奥国分寺(むつこくぶんじ)は、宮城県仙台市若林区木下にある真言宗智山派の寺院。
護国山医王院国分寺と号す。本尊は薬師如来。

聖武天皇の発願によって建立された国分寺の1つで、奈良時代の740年代頃に創建された。
(中略)
明治時代に僧坊は1つを残して廃絶したが、薬師堂をはじめとする中心堂宇は維持された。

薬師堂は国の重要文化財に、古代の寺院跡は国の史跡に指定されている。
薬師堂の南西の准胝観音堂(準胝観音堂)は、江戸時代に設定された仙台三十三観音の第25番札所である。
(Wikipedia)



1702hiwatari003.jpg

風はあるものの春めいた日差しの好日でした。


1702hiwatari004.jpg

今日は本尊である『薬師瑠璃光王如来』の御開帳と、テレビなどでも有名な火渡りの修行が行われる日です。


1702hiwatari005.jpg

本堂に入れなかった人が一斉に入り口に殺到し始めました。御開帳が始まったみたい。


1702hiwatari006.jpg

法要の間、数十秒だけ厨子(ずし)が開かれるという事ですが、ワタシの肉眼では見られませんでした。


1702hiwatari007.jpg

法要が終わり、お坊さんが引き上げて行きます。次のイベントが有るので、皆さん大忙しです。。


1702hiwatari008.jpg

火渡りのイベント、いや修行が行われる会場はこんな感じに仕上がっています。


1702hiwatari009.jpg

修行に参加する人はこの行列に並びます。参加は自由で、誰でも参加可能っす。


1702hiwatari010.jpg

イベント 修行が開始されるまで、いろんな儀式が続きます。


1702hiwatari011.jpg

真言密教の流れをくむお寺ですので、山伏姿のお坊さんがたくさん小道具を使って、由緒や意味のある儀式を続けます。延々と。
寒空で見守る私たち。ある意味、修行かもです



1702hiwatari012.jpg

行列に並んで1時間後、ついに点火されました


1702hiwatari013.jpg

点火されましたが。。。。。。


1702hiwatari014.jpg

コレってすご過ぎないの?って感じの盛況ぶりww


1702hiwatari015.jpg

修行に参加する人はこぅして運ばれてくる「火伏せの梵天守護」を購入するようアナウンスが有ります。1体1000円也。
参加せずに梵天だけ買う人ももちろんいます。


1702hiwatari016.jpg

ワタシも無事、購入出来ました。



1702hiwatari017.jpg

山伏姿のお坊さんが渡り初めをして、いよいよ火渡り修行が始まりました。


1702hiwatari018.jpg



1702hiwatari019.jpg

一般の人の修行も始まり、ドンドンと列が進んでいきます。


1702hiwatari020.jpg

ワタシも靴下を脱いでスタンバイしつつ前に進みます。


1702hiwatari021.jpg

火渡りのトコまでは杉の葉っぱが敷き詰めてあります。
実際には炭の上を歩くというより土の上に感じますが、周りが炭火で温かいので修行というよりアリガタイ感じでした


1702hiwatari022.jpg

2時間ほど掛る、長いイベント 修行でしたが、無事に修行と祈願を終えることが出来ました。


朱印帳を持って来るのを忘れたのが悔やまれます。
まぁ近くなので、またいつか来たいと思います。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その②)

2017.02.10(06:06)

s-tour2.jpg

ラーメンを2杯喰い(ワタシは3杯)して満腹イロイロ探検隊(仮称)の4人。
能代から海っぷちの一般道を北上し、1時間半ほど走り、次の目的地である青森県の深浦町へ。
地図のピンクのルートですね。(意外とピンク見にくかったね




1702tour2001.jpg

『黄金崎 不老不死温泉』

ナニゲに公式HP(コチラ)や看板では「不老ふ死」と表記されています。
ワタシ的には今回のツアーのメインの場所。かなり昔から一回は行ってみたいと思っていたのです。


1702tour2002.jpg

日本海の荒波の中の露天風呂として有名。
テレビや雑誌などで見た事有りますよね。


1702tour2003.jpg

ココが温泉の建物。露天風呂からはちょっと距離がありますね。



1702tour2004.jpg

この辺は他に温泉が立ち並ぶわけでも無く、失礼ながら激・寂しい場所 に立つ一軒宿です。


1702tour2005.jpg

ココの宿は海の幸を豪快に使った料理が良いので有名らしいです。(お腹いっぱいですので何も食べられませんがww)



1702tour2006.jpg

例の露天風呂は「海辺の露天風呂」っていうネーミングのようですね。
今日は海が荒れていて「海辺の」っていうのどかな感じでも無いですww
浴槽は2つ有って、片方は女性用、もう1つは混浴だそうです。
日本海に沈む夕日を眺めながら入浴出来るんですが、日帰り入浴は16時までですので


1702tour2007.jpg

結構大きくて立派な温泉。儲かってそうですww


1702tour2000.jpg


日帰り入浴用のチケットを買ってフロントへ。料金は600円です。



1702tour2009.jpg

露天風呂に入るには、内風呂で体を流してからというルールだそうです。


1702tour2010.jpg

内風呂はぬるかったっす



1702tour2011.jpg

ぬるい内風呂に浸かって、また服を着て荷物も持って露天風呂へ向かいます。



1702tour2012.jpg

旅館建物から、こんな通路をダッシュして露天風呂へ。



1702tour2013.jpg

寒い  さむい  さみぃぃーーーっ!!


1702tour2014.jpg

着替え場所はDIYで作った感じの(笑)
洗い場は有りません。だから内湯を浴びてからっていうルールなんですね。



1702tour2015.jpg

ひょうたん型の浴槽。
本来は混浴ですが、幸か不幸か今日はこんな天候ですので、探検隊メンバー以外いませんでした。

湯は「加水かけ流し」という事ですが、今日は加水し過ぎみたぃで、内湯と同様、ぬるくてナカナカ湯から上がれない!
湯は含まれる鉄分のせいで錆(さび)色です。口に含んでみるとかなりショッパイです。それと目に入るとかなり痛いです


1702tour2016.jpg

念願かなって、これでワタシも探検隊メンバーも、歳を取らない不死身な体を手に入れました





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


イベント トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その①)

2017.02.09(06:06)

昨日、ホントは更新するはずの日だったんですが、二日酔いも有って曜日を間違えてまして。。
それに気付いたの午後からで・・・
楽しみにして下さっていた皆さん大変スミマセン・・・




1702tour1001.jpg

いぎなり積もった先週の金曜の朝。我々イロイロ探検隊(仮称)ツアー当日です。
よりによって決行の日に積もってくれて、天気の神様の演出には恐れ入りますww


s-tour1.jpg


今回、我々4人の仲間は飲み会で意気投合し、『能代十八番ツアー 2017』と題したツアーを企画しました。
休暇をとり、車に相乗りしての素人企画ツアー
何日かに分けてアップしていきたいと思います。
本日はまず、泉インターから高速に乗り一つ目の目的地、秋田県能代市まで(地図の赤い線ね)。




1702tour1002.jpg

北上から左に曲がって秋田道に入ってすぐの錦秋湖サービスエリアでトイレ休憩


1702tour1003.jpg

トイレに向かう探検隊メンバー。さながら命がけの雪中行軍です(笑)



1702tour1004.jpg

まぁこの辺は雪深いトコロだけど、それにしてもやっぱこの時期はすごぃなぁ。。。


1702tour1005.jpg

秋田道では除雪車がジャマで渋滞したりもしましたが、なんとか無事に能代に到着。。
あらあら。雪道はポケットに手をつっこんじゃいけません。良い子はマネしないでねww



1702tour1006.jpg

道路はビシッと凍ってます。。



1702tour1007.jpg

住宅地の中の一軒家。ココが第一の目的地です。


1702tour1008.jpg

『ラーメン 十八番』
看板はコレだけ。まさに知る人ぞ知る、知らない人は知らない(笑)名店。。



1702tour1009.jpg

ココの店は営業時間もユニークで、ネックなんですが、駐車場の確保もナカナカ難易度高いんですよね

1702tour1010.jpg

激コミ店ですが駐車場はこんだけ


1702tour1011.jpg

予定よりちょっと遅れ、11時の開店前には着けませんでした。
それでも正午にはなっていませんが、結構な混み具合。

1702tour1012.jpg

座敷席も有りますが、厨房入り口の特等席がちょうど4人分空いていたので陣取りました。
ラーメンの神様に守られましたww


1702tour1013.jpg

営業時間は昼11時から14時までの3時間水曜日、土日・祝日は定休日というナカナカの難易度です。
県外者は、こうしてワザワザ休暇でもとって出掛けて来ないと食べられないのです。。

メニューは味噌・塩・醤油の3種類。サイズも3種類。



1702tour1014.jpg

7分ほど待って、記念すべき第1杯目、着丼。


1702tour1015.jpg

「味噌・並 670円」

思い返せば2ヶ月ほど前、居酒屋で飲みながら秋田のラーメンのハナシになり。。
「秋田と言えば十八番じゃね?」「え?なんすか俺行った事無いスね」「あららソイヅはまずい。食いに行くが?」
と始まったこの企画。

実現し、目の前に届けられたドンブリに感無量。泣きそうです(笑)


1702tour1016.jpg

麺はポソポソとしたチヂレ麺。

1702tour1017.jpg

味噌は札幌味噌みたぃに濃厚な感じじゃなく、アッサリしてます。
それとレモンの小片が入ってるのがココの特徴。

1702tour1018.jpg

「醤油・並 620円」


1702tour1019.jpg

秋田と言えば醤油。キリッと輪郭のハッキリしたスープ。
ワタシ的にはコレが良いなぁ。。

1702tour1020.jpg

レモンでさっぱり、スッキリした味に〆られてる印象。スルスルッと食べられちゃいます。


1702tour1021.jpg

燻製のようないぶしチャーシューがスープにも溶け出して、旨みを深めています。


1702tour1022.jpg

「塩・並 620円」
2杯目の醤油まではあらかじめ注文しておいたのですが、醤油を食べながらイケルなと判断し、追加オーダーしました。


1702tour1023.jpg

澄み通った白湯のようなスープ。コレはまた不思議な均衡を保っています。


1702tour1024.jpg

3食食いで全メニュー完食出来ました。
日頃からのトレーニングが実を結んだ瞬間です


1702tour1025.jpg

戦い終えたラーメン戦士たちは、疲れた体を癒しに次の目的地に。
ぁ、帰りはポケットに入れてないww





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

イベント トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

『支那そば ちばき屋』のランチセット(豚めし編)♪

2017.02.06(06:06)

1702chibakiya001.jpg

昼メシ食いに外へ出たら、思ったより風は強いし寒いし。。予定変更して近場に方向転換。



1702chibakiya002.jpg

『支那そば ちばき屋』
仙台駅東口にあるお薦め店の一つです。


1702chibakiya003.jpg

ココでランチセットってあんまり注文した事無いです。
お得なんでしょうかね。例えばAセットの支那そばと肉めしは、



1702chibakiya004.jpg

支那そばが単品で700円、、


1702chibakiya005.jpg

豚めしが単品だと350円っていうので、単品だと合計1,050円がランチセットだと950円。
なるほどね


1702chibakiya006.jpg

ってことで注文してみました
「ランチセットA  支那そば(塩)+豚めし 950円」



1702chibakiya007.jpg

目にも鮮やか。この器が良いんだよなぁ多分


1702chibakiya008.jpg

上品で繊細な淡麗スープ。


1702chibakiya009.jpg

麺まで穏やかな安定の一杯


1702chibakiya010.jpg

さて、豚めしの方は(たぶん)初対面です。小さな茶碗だと思ったら意外と深い。


1702chibakiya011.jpg

豚めし=豚丼
でした。
玉ネギが煮込まれたくせに存在感を維持していて、ちょっと苦手な感じ。
何よりご飯の炊きあがりがイマイチ

ココはやっぱ支那そば屋さんです。


1702chibakiya012.jpg

月曜日は休みです。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

麺ぶらり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

『千房』の「広島焼」

2017.02.03(06:06)

1702chibo001.jpg

休日。ランチパスポートを持って街へ出ました。
一番町に有るお好み焼きのチェーン店『千房(ちぼう)』へ。
ランパスではおなじみの常連さんです。
本格的なお好み焼きがワンコインで楽しめるので、出来るだけ優先的に行くようにしています。


1702chibo002.jpg

ランパス出品メニューは「広島焼」お好み焼きの中に焼きそばが入るアレですね。
いつもはミックス焼きとか海鮮焼きでしたので、初めての出品かと思います。
ただし、広島焼は限定10食で、売り切れたらミックス焼きになるそうです。



1702chibo003.jpg

鉄板の前の砂かぶり席に陣取り、職人さんの手つきなどを眺めます
決められた手順を踏んで焼いて行く様子は、ナカナカ面白いものです。


1702chibo004.jpg

15分ほど待って到着     
「広島焼 1,280円 ⇒ 500円」



1702chibo005.jpg

お好み焼きの中に焼きそばが入っているというより、薄手のお好み焼きで焼きそばをサンドしたような感じですね。


1702chibo006.jpg

お好み焼きを上手に食べるために重要なのは、ちゃんと切り分ける事と思っています。
遠慮なく思い切りコテでゴキゴキ切断しちゃいます。


1702chibo007.jpg

太目の麺ですね。
想像してたのとちょっと違いましたが、元々ワタシ的には「大阪系お好み焼き<広島風お好み焼き」なので、満足出来ました
自分では上手く作れなさそうです。お得に味わえて良かった





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

ランチパスポート トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

  1. 陸奥国分寺 薬師堂で火渡り修行♪(02/13)
  2. 能代十八番ツアー 2017♪(その②)(02/10)
  3. 能代十八番ツアー 2017♪(その①)(02/09)
  4. 『支那そば ちばき屋』のランチセット(豚めし編)♪(02/06)
  5. 『千房』の「広島焼」(02/03)
前のページ 次のページ