タイトル画像

秋の喜多方ラーメン街道♪(その2)

2017.11.10(06:06)

行列店でラーメンに有り付いたものの、満足より疲労が先だってしまったので、予定通り家族と別行動をとる事に。


1711kadoya001.jpg

なんだか面白そうな神社が出来たそうなので行ってみました。


1711kadoya003.jpg

『喜多方ラーメン神社』
御神体は分かりやすくラーメン丼ぶりが置いてあります(笑)


1711kadoya004.jpg

「&ラーメンミュージアム」って書いて有ったのってもしかして、コレ?ww
「豚がら 鶏ガラ 人柄」って・・・。あと「麺結びで縁結び」って・・・。ダジャレかよ  
上手いようで上手くないようで・・・・・



1711kadoya005.jpg

喜多方の中心街は、懐かしい感じの店が残っていて、ワタシ自身が若返ったような錯覚を覚えます。
子供の頃はこんなおもちゃ屋、有りました。


1711kadoya006.jpg

建物も古いものが修復を続けながら大事にされている感じです。


1711kadoya007.jpg

蔵の町です。


1711kadoya008.jpg


さて、2軒目に選んだラーメン屋はコチラ

1711kadoya009.jpg

『かど屋』
交差点に有ります。建物は新しいので雰囲気有りませんが、この街でも老舗だそうです。



1711kadoya010.jpg

あたり前ですが、店の中も新しいので、老舗感は皆無です



1711kadoya011.jpg


おっかしいなぁ。
1711kadoya000.jpg

ガイドマップに老舗って書いて有ったのが嘘くさく感じます


1711kadoya012.jpg

まぁメニューを見ても喜多方ラーメンの専門店っぽく無いのが、逆に地元の人たちに支持されてる老舗って考えることも出来ます。


1711kadoya014.jpg

店員さんは女性ばかりでした。
ワタシしかお客がいませんでしたが大分待ちました。いろんな意味で不安を覚えるなか、やっと着丼ww



1711kadoya013.jpg

「中華そば 550円」
漬物付きです。意外です。




1711kadoya015.jpg

キリッと色の濃い目のスープが、一軒目のとは大きく違います。やっぱし中華そばはこーでないと。
具はチャーシュー、ナルト、メンマ、ネギ。王道の喜多方ラーメンですね。



1711kadoya016.jpg

ゆったりとウェーブのかかった平打ち太麺。茹で具合は申し分なく、プルプル食感の生き生きした麺です。


1711kadoya017.jpg

ショッパ目に炊いたチャーシューの旨みも乗ったスープも美味い

全体的に丁寧に作られているラーメンだと感じました
店舗は新しいけどラーメンはちゃんと老舗感の味わえる、喜多方ラーメンの王道でした。美味しかったです




1711kadoya018.jpg

終わり良ければすべて良し
喜多方の小旅行、天気も良く、満足出来ました。





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

秋の喜多方ラーメン街道♪(その1)

2017.11.08(06:06)

1711bannai001.jpg

この3連休は今年最後の連休だったそうです。
季節が良いので、細君とこぱんだを福島へ呼んで、イロイロと巡る計画をたてました。
まず初日は、紅葉狩りを兼ねて喜多方方面へラーメンツアーに出掛けました。




s-kitakata.jpg

喜多方は福島県の北部で、新潟県と山形県の県境に面しています。
行きは福島から高速道路で会津若松へ行き、そこから北上して喜多方へ。
帰りは国道で山越えして帰ってきましたが、高速道路で行くのと時間的には同じくらいでした。


1711bannai002.jpg

喜多方市役所近くの有料駐車場に車を置いて、歩いて市内観光へ。



1711bannai003.jpg

市内観光というよりラーメン屋巡りかww


1711bannai004.jpg

喜多方名物、『ラーメン屋に並ぶすんげー行列』です
ワタシと細君はウン十年ぶりくらいの喜多方。
こぱんだは初めてですので、行列店に並んで食べておいた方が思い出に残るかなと。



1711bannai005.jpg

あまりに長い列でくじけそうですが、気持ちを強く持ってジョイント


1711bannai006.jpg

55分かかって、ようやく店の前まで進みました



1711bannai007.jpg

『支那そば 坂内食堂』
(立派なHPが有ります。コチラ


1711bannai008.jpg

あたり前ですが店内も満席で圧倒されますww

1711bannai009.jpg

お土産コーナーも立派。良い値段にも関わらず、買ってるお客も結構いました。


1711bannai010.jpg

最初に厨房内のレジで注文し、席に案内されるのを待つ仕組み。ベルトコンベアーに乗せられているような気がします

1711bannai011.jpg

ノーマルメニューの支那そばこそ値段を抑えてありますが、その他のメニューは結構立派な値付けです。
観光客向けの店ですからね。

1711bannai012.jpg

こぱんだは「肉そば 950円」を。細君とワタシはノーマル支那そば。


1711bannai013.jpg

行列に並んでから1時間15分。ようやく目の前にラーメンが到着しました


1711bannai014.jpg

『支那そば 650円』


1711bannai015.jpg

見た感じ、こぱんだと細君のとスープの色が違います。醤油の分量がブレているのでしょう。

1711bannai016.jpg

平打ち縮れ麺。なんだか大分柔い仕上がりです。


1711bannai017.jpg

ワタシ的には喜多方ラーメンはチャーシューが命だと思っています。ココのはやはり可もなく不可もなしという印象。


1711bannai018.jpg

ワタシ的にはこんなに苦労して食べたい一杯では有りません。

ですが、こぱんだは美味しいと満足していましたので、まぁ並んだ甲斐が有りました。
ワタシは予定通り連食です。次、行ってみよう






ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

米沢 ラーメン道(その2)

2017.10.20(06:06)

1710yonezawa①009


米沢ラーメンの有名店、『支那そば 熊文』の近所には、あの辛味噌ラーメンの超有名店の支店が有りました。
まだ開店前で行列はソコソコって感じで、今並べば開店1巡目として入れそうです。
予定外でしたが、チャンスとみて行列にジョイント。


1710yonezawa①010

『龍上海 米沢店
山形県南陽市発祥の赤湯ラーメンの超有名店。インスパイア系の店も多く、仙台でも結構食べられますよね。


1710yonezawa①011

行列にジョイントして5分。すんなりと入店出来ました


1710yonezawa①012

そもそも赤湯のご当地ラーメンとして知られているのは醤油ラーメンという事ですが、

それ以上に龍上海の味噌ラーメンは有名になっています。


1710yonezawa①013

「赤湯からみそラーメン 830円」
ナルト、脂身たっぷり目のバラ肉チャーシュー、日の丸のような辛味噌、そして意味ありげに降られた青海苔が奏でる様式美。(あれ?メンマは?ww)




1710yonezawa①014

モチモチ食感の太チヂレ麺。スープとネットリ絡み、辛味噌がアクセントを加えてくれます。



1710yonezawa①015

(分かっちゃいたけど)スープんまっ!
どよよーん旨みが広がる海(スープ)に、辛味噌をちょこっと投下すっと鮮烈なんだよなぁ



1710yonezawa①016

レンゲが龍上海  インスパイア的な店でも似たようなの使ってるの、見た事有ります。
赤い龍の絵が登録商標じゃ無いんだろうから良いですけどww

1710yonezawa①017

あぁ、美味かった
せっかく通りかかって行列見て素通り出来ないもんね、来て良かった(でもお腹いっぱい





1710yonezawa2002.jpg

今のワタシの職場のボスは、ワタシに負けず劣らずラーメン好き。
何度か一緒に(立派な車で!)ラーメン食べに連れて行ってもらってます
ボスは山形のラーメン、特に米沢のが好きなんだと教えてくれました。中でもオススメしてもらった店に最後に立ち寄りました。


1710yonezawa2001.jpg

『中華そば かわにし』
(失礼ながら)周りには田んぼしかない住宅地に、こつ然と出現する満車の駐車場。
ナニこれ?って感じです


1710yonezawa2003.jpg

店へ入ると、これまたビックリするくらいの混み様です   外は人が歩いていないっていうか人影が無いのにww
ワタシみたぃな観光客より、地元の人々が多いような感じでした。草野球関係が多い?(笑)
奥の座敷まで満席で、一人客のワタシでも5分ほど空席待ちしました。


1710yonezawa2004.jpg

客席も広々ですが、厨房も随分とゆったりしたスペースです。基本的に店主が調理をしている様子。
オープン過ぎる(笑)キッチンで、白い粉を結構使ってるのも確認出来ましたww


1710yonezawa2005.jpg

醤油、味噌、タンメンと定番3種を揃えています。

1710yonezawa2006.jpg

「もり」と「ざる」の違いが少し気になったり・・・ww



1710yonezawa2007.jpg

着丼!!スープ表面に油が無いので湯気が元気です。。


1710yonezawa2008.jpg

「中華そば 600円」
シンプルなお顔立ち。ちょこんと添えられた海苔がユニークです。


1710yonezawa2009.jpg

米沢らしい細縮れ麺。スープの持ち上げが良く、レンゲいらずです
茹で加減もほど良くて、美味しい麺です。


1710yonezawa2010.jpg

あまり特色無い素朴なトッピングたち。
一切れのモモ肉チャーシューがスープにほど良く油(脂)を供給していて、貴重な存在。


1710yonezawa2011.jpg

本日3杯目。それも短時間でやっつけていますので、お腹いっぱいで厳しかったです。完食はしましたが大変でした
今度はココを1軒目に持って来て、ちゃんと味わいたいです。やっぱし連食するんかぃ!!ww





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

米沢 ラーメン道(その1)

2017.10.18(06:06)

「ぱんだこぱんだ」の時代は毎日更新していましたが、このブログに移行してから隔日で、さらに土日は休んでいるので大分楽してチマチマと書いています。

そんな風に力を抜きながらやっているので続いているのではありますが、書くネタが溜まりすぎてナカナカ消化できない、という問題が生じたりしています

今日の話題も実は結構前のイベントだったりします、そんな事情ですのであしからず・・・。




1710yonezawa①001

今日は福島の隣県、山形県の米沢市にやって来ました。
米沢市と福島市は国道で結ばれていて、栗子(くりこ)の長いトンネルをくぐると1時間ちょっとで着きます。

ぁ、今日は観光っていうよりもお酒買うのとラーメン食べる用事で来ました

1710yonezawa①002

『支那そば 熊文』
米沢ラーメンでネット検索すると、まず筆頭で出てくる超有名店。ですが不肖ワタクシ、実は初訪。。


1710yonezawa①003

もっと混んでるかと思いましたが、意外なほど空いてまして。駐車場もすんなりと。



1710yonezawa①004
米沢ラーメンといえば
細打ち縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴。出汁は野菜や鶏ガラ、煮干しなどを使う店が多い。(Wikipedia)
とぃぅ事ですが、ココの店は味噌ラーメンとかタンメンも出してるんですね。


1710yonezawa①005

はやっ!注文して2分程度で出て来ましたww
「中華そば 600円」
トッピングはナルト、チャーシュー、メンマ、そして海苔。


1710yonezawa①006

煮干しなどの魚系の和風ダシが醤油ベースに良く調和してます。それでいて、少し浮いた油分がポイントだったりします


1710yonezawa①007

米沢ラーメンの特徴である細い縮れ麺。穏やかなスープとよく合います。
故郷の石巻でも子供の頃からこうした麺を食べなれていたので、ナニゲに懐かしくて好きです



1710yonezawa①008

連食のつもりですのでスープもほどほどに。ごちそうさまでした
なぜそんなに人気が高いのか、と思うほど自然で素朴な店でした。




1710yonezawa①018

米沢きっての酒蔵、小嶋総本店
東光(とうこう)の銘柄で有名らしいです。(ワタシはあまり詳しく無いですww)
慶長2年(1597年)創業の米沢藩上杉家御用酒屋だそうです。


1710yonezawa①019

今日は蔵開きのイベントが有るというので、せっかくだから限定酒を買って帰ろうと立ち寄ることにしたのです。

1710yonezawa①020

で来ましたので、酒蔵をウロウロしても寂しさが募ります(笑)
目的の限定酒を2本ゲットし、早々に蔵を出ました。


1710yonezawa①021

帰ってからじっくり味わって飲みました
お世辞とか誇張無く、美味しい酒でした!!気に入った




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2017年 天下一品の日♪

2017.10.04(06:06)

1710teniti001.jpg

先週の日曜日は10月1日でした。あるイベントに参加するため、家族で中央通りのアーケードへ出掛けました。


1710teniti002.jpg

天下一品 中央通り店』


開店は11時ですが、店には10時半に到着。
さすがに店の外までは並んでいませんでしたが、、、



1710teniti003.jpg

ビルの入り口を入ると、奥に続く通路はすでに3、40人くらいの行列が出来ていました


1710teniti004.jpg

毎年、10月(テン)1日(イチ)「テンイチの日」という語呂合わせで、天下一品祭りと銘打ったイベントが始まる日です。
ワタシはほぼ毎年参加しています。(昨年の天下一品の日の記事はコチラ

今日はラーメン1杯食べると、次回使える1杯無料券がいただけるのです


1710teniti005.jpg

先着サービスのラムネを貰いました

1710teniti006.jpg

11時。開店です。
やっと行列が進み始め、第1陣のお客グループとして入店出来ました


1710teniti007.jpg

今や並で850円まで高くなった天下一品ラーメン
昔は無料で食べ放題だった、ゆで卵のサービスもどんどん縮小されて来ました。


1710teniti008.jpg

カウンターに家族3人で陣取りました。

1710teniti009.jpg

家族3人分の次回無料券を無事にゲットです。11月末まで使えるので、いつか帰省した時にまた行くつもりです

1人で2杯食べて2枚
貰っている猛者もいました。
ぁ、ワタシも以前やったなソレ



1710teniti010.jpg

第1陣の客なので、さほど混乱も無く着丼しました。

1710teniti011.jpg

「天下一品ラーメン(並) 850円」



1710teniti012.jpg

ワタシ的にテンイチに辛子味噌は必須です。

イメージキャラクターのチュートリアル   s-index_20171003212844ec2.jpg は、辛子味噌を入れた上にニンニクも乗っけるのがオススメだそうです。ごちゃごちゃするような気がしますが。。

1710teniti013.jpg

(失礼ですが)この市販品っぽぃチープな感じの麺がナニゲに好きなのです。


1710teniti014.jpg

このポタージュ系、人によっては苦手、という人も多いと聞きますが、我が家の家族はテンイチ大好きです



1710teniti015.jpg

(福島には無いので)ありがたくスープも完食


1710teniti016.jpg

食べ終わって外に出ると、開店20分で行列はアーケードの彼方まで延びていました。。
やっぱし早く来て良かったみたぃです






ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

イベント

  1. 秋の喜多方ラーメン街道♪(その2)(11/10)
  2. 秋の喜多方ラーメン街道♪(その1)(11/08)
  3. 米沢 ラーメン道(その2)(10/20)
  4. 米沢 ラーメン道(その1)(10/18)
  5. 2017年 天下一品の日♪(10/04)
前のページ 次のページ