東京ラーメンどころ♪(その4)

麺ぶらり
07 /11 2016
東京・池袋方面での麺ぶらり、今回でようやく最終回となります
最後はやはり、このレポートの中心となった大勝軒の本店で締めたいと思います。


1607taisyohon001.jpg

JR池袋駅から、高速道路の高架下を東京メトロ東池袋駅方向へ。


1607taisyohon002.jpg

ホントに高架下。意外とも思える場所に、有名な老舗が店を構えていました。
オシャレな(?)テラス席が設置してあり、外でもりそばを食べるサラリーマン一行がいました。


1607taisyohon003.jpg

開店時間からしばらく経っていますから、相当な行列かなと思って来たのですが、拍子抜けするほどです。


1607taisyohon004.jpg

『大勝軒 東池袋本店』

ここは創業者の山岸さんが創った元々の店ではありません。
2007年(平成19年)3月20日、再開発計画による立ち退きのため、元々の東池袋本店は閉店しました。
2008年(平成20年)1月5日、旧店舗から100メートルほどの場所に新店舗・東池袋大勝軒本店として復活したのがココ。

山岸さんが2015年(平成27年)に亡くなってからのお家騒動が、客足を遠ざけてしまっているのも有るかと思います。


1607taisyohon005.jpg

店へはいるとイギナリ大きな食券自販機。。


1607taisyohon006.jpg

イロイロとボタンが並んでいますが、ワタシは連食の2軒目ですので浮気する余裕が有りません
まっすぐ目的のボタンをポチッと。まるでミッションです


1607taisyohon007.jpg

まぁここが本店だから、創業者が一番愛したお弟子さんが継いでいるんだろう、と思いますが、イロイロと異論があるんだそうで。
カリスマの跡目ってのは難しいモンですねぇ


1607taisyohon008.jpg

ほどなく着丼!
ちなみにコノ店の厨房は男性のみ3人体制でした。


1607taisyohon009.jpg

「もりそば 750円」
創業メニューの元祖つけめん。。


1607taisyohon010.jpg

もりそばの麺の量は320グラムで、普通のお店の1.5倍以上だそうです。ちなみにワタシは連食の2軒目
もりそばの小っていうメニューもありましたが、わざわざ来たのですからやっぱレギュラーメニューでしょ



1607taisyohon012.jpg

もりそばのつけ汁にはねぎと唐辛子が浮いており、のり・メンマ・チャーシュー・ゆで卵などが入っています。
少し温い印象なのが大勝軒の特徴ですね。
魚介と動物系の旨みが感じられ、甘くもあり酸っぱくもあり、唐辛子効果で辛くもあり。


1607taisyohon013.jpg

麺のコシは弱めで、食べやすいです。

仙台店と違うかと言われれば違わないのですが(笑)、
由緒(とゴタゴタのいわく)ある本店へ、初めて来ることが出来て、感慨もヒトシオお腹もイッパイです


1607taisyohon014.jpg

大勝軒 東池袋本店






2つのランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぱんだ♂

雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪