「大人の休日倶楽部パス」ツアー 2019 梅雨の旅(その8・最終回)

なんだかんだでもぅ8回目の連載 となった「大人の休日倶楽部パス」ツアーですが、いよいよ完走。
最終回を迎えました。

ブログですので途中をバサリとは省略できないので、書く方も結構、間延びして飽きが来るし、
読んでいる皆さんも大変だったっすね。お疲れっした♪




1907otokyu7018.jpg

次に向かったのは『神田明神』。正式には「神田神社」と呼ぶのだそうです。




1907otokyu7019.jpg

東京の中心、神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場など、
108町会の総氏神様なのだそうです。



1907otokyu7020.jpg

かなり広大な境内。天気も良くなって、観光客やお参りの人も沢山いました。


1907otokyu7021.jpg

神田明神には3体の神様がお祀りされているそうです。
大黒様と呼ばれる「大己貴命(おおなむちのみこと)」⇒ 縁結びの神様
えびす様と呼ばれる「少彦名命(すくなひこなのみこと)」⇒ 商売繁昌の神様
そして、
平将門命(たいらのまさかどのみこと)」⇒ 除災厄除の神様



1907otokyu7022.jpg

大黒さまも恵比寿さまも居る神社。商売上手だからこんなに立派なビルも建ってるのかもなぁ


1907otokyu7024.jpg

御朱印は書置きのタイプでした。まぁコレも商売上手の一環ってことでしょうか



1907otokyu7023.jpg

神田明神に平将門が祀られているというのは、恥ずかしながら来てみて初めて知りました。

偶然にもワタシ、いま平将門の本  s-masakado.jpg   を読んでいるのです
何だか不思議なも感じて、嬉しいです。



1907otokyu8001.jpg

今回のツアーで最後を飾ろうと訪れたのは、お寺でも神社でも無く、史跡。
『湯島聖堂』です。
「ゆしまのせいどう」は、みなさん歴史の授業で習いましたよね。



1907otokyu8002.jpg


江戸時代の元禄3年(1690年)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となった。~中略~
「日本の学校教育発祥の地」の掲示がある。
(Wikipedia)



1907otokyu8003.jpg

『入徳門』
史跡の構内は、ほとんど近代になってから建て直されたモノですが、この門は唯一の木造
宝永元年(1704)建造。



1907otokyu8004.jpg

杏壇門(きょうだんもん)
杏壇とは、中国の山東省曲阜にある孔子の教授堂の遺址のことだそうです。



1907otokyu8005.jpg

杏壇門をくぐると、奥に漆黒の重々しい建物が有りました。
『大成殿』です。
孔子を祀る廟の本殿

ちなみに、この建物は関東大震災の際に焼失し、1935年(昭和10年)に再建された鉄筋コンクリート造りのものです。
施工は大成で無くて大林組だそうですww





1907otokyu8006.jpg

孔子さんの像。
台湾のライオンズクラブから寄贈されたもので、4.57メートルと世界最大の孔子の銅像だそうです。




1907otokyu8007.jpg

旅の〆(しめ)を小粋に決めようと、神田老舗そば屋へ向かいました。



1907otokyu8008.jpg

「神田 まつや」
創業は明治17年。現在は4代目が店を継いでいるそうです。


1907otokyu8009.jpg

平日の昼間。サラリーマン客や観光客、常連さんとイロイロな客層でほぼ満席です。
が、そんなに長居するお客はいないので、回転は良い感じです。
麺は全て手打ちとのこと。。


1907otokyu8010.jpg

「茶碗むし」ってあの茶碗蒸し?んでも1,150円もするからなんか違うのかしら。まさかうどんの上に・・・
親戚っぽぃので「小田巻むし」ってのも有ります。。だいぶ気になります。
それと、老舗のそば屋でもうどんも出すのね。



1907otokyu8011.jpg

ご飯モノも有ります。
ネットで見てみたら、ココの名物はそば以外にも有名なのがあるみたいでした。
もちろん、それもちゃんと注文しました



1907otokyu8012.jpg

まずはビールを。ビールのあてに付いて来たのは、なんと小鉢に入った味噌
「鯛味噌」とか「ピーナッツ味噌」みたぃな甘い種類の。
箸でペロッとつまみながらビールを飲むと、っぽくて昭和の文豪にでもなった気になります(笑)



1907otokyu8013.jpg

これがこの店の名物、「焼鳥 800円」
ふんわりとした焼き上がり。甘ダレで味付けされていまして、辛子が添えられています。

1907otokyu8014.jpg

「ざるそば 800円」


1907otokyu8015.jpg

濃口で甘めのタレ。
これだとよくテレビで見るように、ちょっとだけ付けて、ズズッと啜った方が良いのかな。

こうして老舗でそばを手繰っていると、歴史を味わってる気になります。
ツアーの締めにふさわしい店でした。


今回はJRも使ったけど御朱印帳を持って文字通り駆け回りましたので、体が相当くたびれました
次回は冬の旅 ですかね。どこへ行こうか考えとかなきゃなぁ。。




ブログランキングに参加しています!
皆さん 投票お願いします
いつもどうもありがとぅございます♪♪

テーマ : ぱんだ生活
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱんだ♂

Author:ぱんだ♂
雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 2016
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
いま見てるパンダ
現在の閲覧者数: