FC2ブログ

「大人の休日倶楽部パス」ツアー in 長野(その2)

新幹線を含むJR東日本の列車が4日間乗り放題になる通称「オトキュウパス」を使った長野への旅、出発です。


1806otokyu2001.jpg

天気は良すぎる程でした。今日もクソ暑い福島駅
新幹線でいったん仙台へ行き(フリーパスですからww)、細君と合流して大宮経由で北陸新幹線長野へ。


1806otokyu2002.jpg


1806otokyu2003.jpg

大宮で駅弁を買って北陸新幹線の車内でいただきました。
細君は長野っぽぃ弁当を選びましたが、ワタシは気が付いたらこんな弁当を手にしていました。


1806otokyu2004.jpg


1806otokyu2005.jpg

どーもワタシはコッテリした名古屋方面が好きみたぃで


1806otokyu2000.jpg

長野駅からは長野電鉄(JRでないので別料金)で終着駅の湯田中まで。
前後に展望席があるステキな電車です



1806otokyu2007.jpg

長野電鉄『湯田中駅』へ到着。
仙台からは、仙台~大宮が1時間、大宮~長野が1時間、長野~湯田中が1時間。
連絡の待ち時間を考慮しなければ3時間でここまで来られます。


1806otokyu2008.jpg

この駅は、寒い冬に猿が温泉に入るので有名な地獄谷に近い駅です。


1806otokyu2009.jpg


1806otokyu2010.jpg


1806otokyu2011.jpg


1806otokyu2012.jpg

地獄谷野猿公苑『SNOW MONKEY PARK』として外国人にも人気のスポットらしく、こうしたオフシーズン(猿温泉にとっては)にも駅では外国人旅行者の姿をけっこう見かけました。





1806otokyu2014.jpg

湯田中駅から迎えの車で10分ほどで渋温泉(しぶおんせん)へ到着。
山裾の川沿いの温泉街です。昔は湯治客が多かった温泉だといいます。


1806otokyu2015.jpg

温泉街では、9つの風呂(共同浴場)を巡る「外湯めぐり」がオススメされています。
9つ全部とは行かなくても、行ってみようと思います。


1806otokyu2016.jpg


1806otokyu2017.jpg

渋温泉のメインストリート。一方通行の細い道路です。
散歩していたら、子ザルが電線の上を渡って行くのに遭遇しました


1806otokyu2018.jpg

こちらが目的地の宿。

1806otokyu2019.jpg

『歴史の宿 金具屋』



1806otokyu2020.jpg

こちらが宿のウリである木造4階建て斉月楼という楼閣風の建物。



1806otokyu2021.jpg

現在も実際に営業で使われているのが珍しいというので、国の有形文化財に登録されています。

宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の舞台、「油屋」のモデルではないか?と言われています(諸説あり)。
ちなみに、油屋のモデルでは?と言われているものは世界中に多く有ります。
スタジオ側は発表していないので、宮崎さんしか知らない事ですww



1806otokyu2022.jpg

昭和のはじめ、善光寺参りのお客が長野電鉄で渋温泉へこぞって来る、と当て込んで楼閣を作ったのだそうで、ワタシ達はまさに絵に描いたような目当ての客です(笑)


1806otokyu2023.jpg

歴史の宿というくらいで、築80年を超える建物ですから、見方を変えるとイロイロと言い方も変わるかも知れません
ワタシは全然オッケーですが、細君がどぅ言うか気がかりでした。気に入ってくれたみたいで、ホッとしました。


1806otokyu2024.jpg

レトロで良いですが、網戸も無いのでハチとか虫もウェルカム状態です


1806otokyu2025.jpg

あら。知らなかったですが、ココは猫の宿として本に載っています。



1806otokyu2026.jpg

確かに。フロントあたりに居ました。

1806otokyu2027.jpg

彼らはココで飼われているのでは無く、エサを貰いに来る自由な猫たちだということです。






ブログランキングに参加しています!
皆さんの投票、いつもどうもありがとぅございます!♪♪

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
comment
pss
Secret 管理者にだけ表示を許可する