タイトル画像

春の庄内ツアー2017♪(その⑤)

2017.06.14(06:06) 222

s-1706sakata001.jpg

月山の山並みを背に、静かに流れる新井田川。



s-1706sakata002.jpg

その川の河口近くに有る観光スポット『山居倉庫』
現在の倉庫は1893(明治26)年に建てられたものだそうで、土蔵造12棟が並び昔は庄内米の倉庫として利用されていました。


s-1706sakata003.jpg

ココでは庄内地方の職人さんの手による工芸品や、いろんなお土産品も売っていて便利です。


s-1706sakata004.jpg

お土産もいろいろ買いこんで、次の目的地へ。正面にそびえているのは鳥海山ですね。


s-1706sakata005.jpg

『本間家旧本邸』
酒田の豪商として栄えた本間家の武家屋敷です。


s-1706sakata006.jpg
入館料はとられますが、説明の方が付いて詳しく解説してくれて、いろいろ勉強になり、良かったです。



s-1706sakata007.jpg

本間さんの豪邸を拝見した後は、ちょっと変わったモノを拝みに行くことに。
途中、趣きある神社を見つけ、立ち寄りました。


s-1706sakata008.jpg



s-1706sakata009.jpg

屋根を受ける斗組みの彫刻が素晴らしく立派でした。
酒田の人に愛されている神社のようですね。




s-1706sakata010.jpg

もともと次に我々が向かおうとしてたのはココです。


s-1706sakata011.jpg

『妙高山 海向寺』



s-1706sakata012.jpg

ここ海向寺には、即身仏、俗な言葉で言うとミイラがすわっているのです。それも2体。。。
日本全国には即身仏が16体あると言われているそうですが、そのうち8体が山形県に、そのうち6体が庄内地方におられるそうです。



s-1706sakata013.jpg

もともとこの寺の住職だった方2人が、湯殿山仙人沢に山籠もりをし、見事に即身仏になられたんだそうで。


s-1706sakata014.jpg

拝観料400円を払って入館しますと、係の方が即身仏になる過程などを解説してくれます。


館内は撮影禁止でした、っつーか写真撮る気になりませんでした。。。



s-1706sakata015.jpg

ここでも御朱印を頂きました。
即身仏になろうとした高尚な気持ちは、所詮ワタシなどには理解出来ないのですが、壮絶な修行のハナシを聞いただけで圧倒されました。





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 
スポンサーサイト


ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<春の庄内ツアー2017♪(その⑥ 最終回) | ホームへ | 春の庄内ツアー2017♪(その④)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する