秋田(プチ)ラーメンツアー♪(その1)

麺ぶらり
01 /06 2017
1612akita001.jpg

寒々しい景色の中を電車に揺られ、秋田へ。
日本海側の冬は太陽があまり出なくて陰鬱   なのですが、それが落ち着くという人もいます。。
ワタシは家族で6年住みましたが、こんな冬の季節を何とか過ごし、春を迎える頃の嬉しい気持ちは今も覚えています。


1612akita002.jpg

昼どきに到着したので、秋田駅のそばにある「秋田市民市場」の中の『支那そば 伊藤』へ。
昔は十文字の有名店『名代 三角そばや』の支店だったのですが、何かの事情で看板を変えたようです。


1612akita003.jpg

『三角そばや』の支店では無くなったものの、提供される支那そばは変わらず。
JRで秋田市へ来たら、ぜひ立ち寄りたい店です。


1612akita004.jpg

「ココの中華そばはアッサリしてますから、ペロッと食べちゃうんですよ」と連れの人達にも大盛りを薦めましたが、器を見て「ありゃ、(皆さんには)多すぎか・・・。」と少し焦りましたww


1612akita005.jpg

『中華そば大+チャーシュー 970円+クーポン』


1612akita006.jpg

麺はウェーブの緩い細チヂレ麺。The 支那そばといった独特の素朴さ。


1612akita007.jpg

秋田の県南、十文字地方のラーメンは3軒の有名なラーメン店(マルタマ食堂、丸竹食堂、名代三角そばや)があり、それぞれウリも違うのですが、麩(ふ)が浮かんでいるのは共通の特徴です。



1612akita008.jpg

懐かしく、ホッとする昭和ラーメンを堪能しました。(大はちょっと多かった



1612akita009.jpg

あくる日の朝。うっすらと雪の積もる早朝。。

秋田市内中心部には、数は少ないですが朝ラーが食べられる店がいくつか有ります。

1612akita010.jpg

『拉麺職人 満大』
なんと朝6時から営業している店です。
ワタシが秋田に住んでいた頃(10年以上前ですが)からやっています。店の場所は少しだけ移動したのかな。。



1612akita011.jpg

朝ラーの時間帯でも、メニューを限定したりしないで、フルメニューで注文を受け付けています。


1612akita012.jpg

朝6時半。さすがにまだ早いのですが、この後5、6人お客が入店して来ました。
子供連れのお父さんも来ましたww


1612akita013.jpg

3、4分で着丼。朝だからって特別な感じは有りません。。


1612akita014.jpg

「ラーメン並 600円」
お代は帰りにカウンターのトコに置いてあるザルに自分で投入する仕組みです。
秋田らしいカエシの色の濃いラーメン。結構オイリーです。油膜が張っているので湯気が立たない感じ。


1612akita015.jpg

動物系ダシのしっかりしたスープ。さすが秋田のラーメンはショッパ目で手加減してないわー。
朝からワタシのラーメンメーター(なにソレ?)もフルスロットルに引き上げられる感じです


1612akita016.jpg

麺はチュルチュル系。なんでもココ満大さんは元々は屋台から始まった店らしいです。
今でもそんな素朴な雰囲気、有ります。。朝から本格的な秋田らしいラーメンを堪能しました





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぱんだ♂

雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪