黄金と緑の国 ミャンマー(その4)

イベント
04 /10 2017
1704myanma4001.jpg

チャウッターヂー・パゴダで寝釈迦像を拝んだ後に訪れたのは『ボージョーアウンサン博物館』
ビルマがイギリスから独立を成し遂げた英雄、アウンサン将軍が暗殺されるまで住んでいた邸宅跡です。
スーチー女史も子供の頃をここで過ごしました。


1704myanma4002.jpg

500円程度の入館料を徴収されました。



1704myanma4003.jpg

立派なおうちですが、まぁ人んちの生活跡です。。


1704myanma4004.jpg

またまた暑い中を歩いて次の目的地へ。。
なんすかね、ココ。鉄条網が張り巡らされてます。刑務所かな。。。


1704myanma4005.jpg

あ・・・。


1704myanma4006.jpg

こちら、北陸小松株式会社の社員旅行ご一行、、、なワケは無く。
乗り合いタクシーですね。後ろに乗ってるのは(助手席もww)お客です。
日本車の中古は、大抵こうぃった感じでイロイロ書かれたままで活用されています。




1704myanma4007.jpg

子供、というか青年僧。横断しようと車の切れ目を見計らっています。
一人はワタシにガン付けています


1704myanma4008.jpg

1時間ほど歩き続け、暑くって死にそう  
昼食も兼ねて水分補給しに、日本料理屋へ駆け込みました。



1704myanma4009.jpg

最高~
キリンビールはミャンマーにしっかり根付いているらしいです。


1704myanma4010.jpg

せっかくなのでイロイロ注文してみました
野菜天ぷら盛り合わせは、これでもか!ってくらいが咲かせてありました。
焼き鳥はちょっとワイルドな感じでした。
ガーリックライス、美味しかったですが、これって一般的な日本料理でしょうかね




1704myanma4011.jpg

水分補給(栄養もww)を終え、いよいよ次の目的地へ。。


1704myanma4012.jpg

ヤンゴンの人気ナンバーワンの観光スポット、『シェダゴン・パゴダ』



1704myanma4013.jpg

中心のパゴダへ登るため、東西南北に4つの門と参道が有ります。参道は屋根が掛かっておりお土産屋などが並んでいます。
山門をくぐったら裸足で参道を上がって行きます。



1704myanma4014.jpg

ここが参道の終着点。頂上のパコダのある広場です。



1704myanma4015.jpg


1704myanma4016.jpg

言葉も失う圧倒的な荘厳な金色と白と黒。そして空の青。。。





1704myanma4017.jpg

何が困るって、裸足で歩かなきゃならないのに、灼熱で焼かれたタイルはメチャメチャ熱くて、ピョンピョン飛び跳ねながら周りました。
鉄板の上で因幡の白兎になったような気分


1704myanma4018.jpg


日中はこーした事情もあるので、夜の参拝がおススメ、という情報も有るようです。
足の裏が熱くてゆっくり見て歩けないなんて、想像出来ない事態でした



1704myanma4019.jpg


1704myanma4020.jpg

中央のパゴダの周囲には、数多くの仏像を祀ったお堂が有ります。多くの人々が祈りをささげていました。



1704myanma4021.jpg

お釈迦様の足型だそうです。。


1704myanma4022.jpg

ガイドブックによると、まる1日でも楽しめるというシェタゴン・パゴダ。
足の裏の皮が丈夫な人はもぅ少しゆっくり見られるのでしょうが、文字通り駆け足の参拝となりました




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 
スポンサーサイト

ぱんだ♂

雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪