タイトル画像

『秋保・里センター』で「手づくりおひな様展」♪

2017.02.27(06:06) 181

1702ohina001.jpg

毎年楽しみなイベントを見に、『秋保・里センター』へ行って来ました。


1702ohina002.jpg

ココで2月11日から「手づくりおひな様展」が開催されているのです。
ワタシは9年前(第7回)に初めておじゃまして以来、毎年楽しみに見に来ています。(過去の記事はこのへんをどうぞ)

1702ohina003.jpg

お。むすび丸。少し汚れてたけどリニューアルしたかww



1702ohina004.jpg

「手づくりおひな様展」は今年で第16回
繊緤会 (こまつなかい)」という、この辺のマダム達のサークルが運営している、入場無料のイベントです。


1702ohina005.jpg

毎年ここを会場に、吊るし雛を中心とした手づくりのおひな様を展示しています。



1702ohina006.jpg

マダム達の作品の他、子供たちの作品などもあり、手作り感いっぱいのホッコリした作品展。

1702ohina007.jpg


1702ohina008.jpg



1702ohina009.jpg

9年前に吊るし雛を初めて見て感動し、極彩色の人形たちの並ぶ壮観を毎年楽しみに見に来ています。


1702ohina010.jpg



1702ohina011.jpg


1702ohina012.jpg


1702ohina013.jpg



1702ohina014.jpg

豊作子宝を祈願した縁起の良い飾りが吊るされています。
これだけ数が集まっているのはスゴイ迫力です

1702ohina015.jpg

吊るし雛の中には猫が見つけられませんでしたが、こんなステキな作品が有りました



1702ohina016.jpg

コレは雛じゃないです。観光案内所の玄関にいます。(有ります。)


1702ohina017.jpg

観光案内所の方の別会場では「時代雛展」が開催されていました。


1702ohina018.jpg

明治とか大正の頃のおひな様が展示してありました。


1702ohina019.jpg

こうした雛人形はあまりに精巧で、家に有ったら少し怖いかもです


1702ohina020.jpg


手づくりおひな様展は3月20日(月)までの開催です。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 

スポンサーサイト

ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ネコヤナギが咲きました♪

2017.02.24(06:06) 180

1702nekoyanagi001.jpg

冬の間はまったく緑が無くて寂しい庭に、ひときわ鮮やかな春の使者がやって来ました。



1702nekoyanagi002.jpg

ネコヤナギの花です。
正確には花の集合体で、花穂と呼ばれるもの。
雌雄異株で、我が家のは多分オスです。飼ってる猫もオスですから(笑)
普通に自生してるネコヤナギは銀白色ですが、売ってるのは我が家のみたいなピンクネコヤナギが多いみたいです。


1702nekoyanagi003.jpg

猫も好きですが、ネコヤナギも好きで、家を建てた時から庭にネコヤナギを咲かせたいと思っていました。
毎年こうして春の訪れを告げてくれる、有難い家族です






ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


ぱんだ的日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

『スイーツ系カップ焼きそば』体験記♪

2017.02.22(06:06) 179

1702cupyaki001.jpg

最近、カップ焼きそばの世界に目を疑うようなモノが投入されています。
そこで今日は2種類の珍品をレポートしてみようと思います。。


1702cupyaki002.jpg

まずは『明星 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味』
この商品はすでにメーカーも諦めたみたぃで、スーパーで激安で投げ売りされていました


1702cupyaki003.jpg

一平ちゃんシリーズはラーメンと焼きそば、両方出していましたけど、最近ラーメンの方は見かけなくなりましたね。
あらためて見てみると「夜店の焼そば」ってのも不思議なネーミングですね。焼きそばの屋台とか有んのかね。


1702cupyaki004.jpg

カップ焼きそばにマヨビームを掛けるのは日清のUFOが始めたと記憶しています。
ショートケーキですので、マヨネーズはバニラ風味ですってww



1702cupyaki005.jpg

かやく(砂糖菓子、ヨーグルト風味キューブ)の辺りが怪しいですねww


1702cupyaki006.jpg

中身を取り出してみます。



1702cupyaki007.jpg

こいつが問題の砂糖菓子かww


1702cupyaki008.jpg

出来た焼きそばにかやく(砂糖菓子)を乗っけて


1702cupyaki009.jpg

バニラ風味の特製マヨを掛けて


1702cupyaki010.jpg

いただきます。。
ソース自体は普通の塩味焼きそばみたぃな味ですので、バニラ味のマヨネーズがさほど強く感じません。要するに普通の。。
砂糖菓子のアレは違和感有りますが、少量なので埋没しちゃいます。まぁなんとも中途半端な感じですねぇ





1702cupyaki011.jpg

こっちは『ペヤングやきそば ギリチョコレート』
ペヤングを出してる「まるか食品」はペヤングの類似品「ペヨング」(体験記はコチラ)を自分で売り出す自虐的なトコもある群馬の雄。
一平ちゃんの方は投げ売りされてましたが、コチラはまだ値崩れしておらず、むしろ普通のカップ焼そばより高い位(170円程度)でした。


1702cupyaki012.jpg

パッケージは一面の板チョコ。ユニーク過ぎます
「ギリ」「義理チョコ」「ギリギリセーフ(な焼きそば)」とを掛けたんでしょうかね。
アイユーって書いて有るのが怪しさを加速させる、異様なパッケージとなっております。


1702cupyaki013.jpg

こっちは「かやく」の方はクルトンとイチゴ加工品ってことで、イチゴの方はワケ分かりませんが、まぁ一平ちゃん見た後なのでビックリしませんww
それよりも要注意なのは「添付調味料」の方だった、と後で気付かされます


1702cupyaki014.jpg

コチラはソースとかやくだけ。マヨネーズは入ってません。むしろ入ってたら大変と後で気付かされます(苦笑)


1702cupyaki015.jpg

3分待ったらソースを。なんじゃこのソース。。この時点で異様な絵です


1702cupyaki016.jpg

ここにかやくを乗っけて。。。



1702cupyaki017.jpg

いただきます。。


1702cupyaki018.jpg

うぁ(絶句)
こりゃぁ強烈な違和感。焼きそばがチョコ味て。一平ちゃんのようなショッパさは一切なく、甘さに手加減が有りません



1702cupyaki019.jpg

マジかー
よくコレを世に出したなペヤング
ワタシのような凡人には完食ムリな逸品でした
「ギリギリセーフ(な焼きそば)」どころか完全アウトでした




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


ぱんだ的日常 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

『熊本らーめん おっぺしゃん』の「おっぺしゃんらーめん(チャーシューマシ)」

2017.02.20(06:06) 178

1702tonkotu001.jpg

今日の昼は仙台駅前、イービーンズへ。

1702tonkotu002.jpg

「熊本らーめん おっぺしゃん」

ここイービーンズ店は基本的に立ち食いスタイルの店ですが、カウンターに少し椅子席が有るんですよね。


本日10日は「豚骨の日」。
おっぺしゃん全店で看板メニューの「おっぺしゃんらーめん」がワンコインで提供されます。


1702tonkotu003.jpg

「おっぺしゃんらーめん 500円」
ランチタイムはライス追いメシがサービス。
まぁライス追いメシ違いがよっく分かんないですけどね


1702tonkotu004.jpg

おっぺしゃんはメルマガ会員になるとイロイロと特典が有るんです。
チャーシュー丼チャーシュー増量かを選べるというので増量をお願いしました。別皿で来るのね。


1702tonkotu005.jpg

ライスが多かったのかチャーシュー増量が無茶だったかww
すんげぇお腹いっぱい



1702tonkotu006.jpg

さすがに今日は大行列の盛況でした




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


麺ぶらり トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その④・最終回)

2017.02.17(06:06) 175

s-tour4.jpg

朝食バイキングで張り切りすぎ、朝からお腹いっぱい(やっぱし)
弘前のいわき荘を出発し、2日目のツアー開始です。
今日は紫のルート。仙台まで帰ります。


1702tour4001.jpg

まずは青森市内で細君用のシードルとか、お土産を購入。。

1702tour4002.jpg

次に有名な地酒屋さんに立ち寄り、自分用のお土産を購入


1702tour4003.jpg

かなりの雪の壁の間を縫って八甲田山を登り、なんとか目的地に到着。。
実は結構怖かった


1702tour4004.jpg

すごい景色だわぁ・・・・。



1702tour4005.jpg





1702tour4006.jpg

酸ヶ湯温泉




1702tour4007.jpg

日帰り入浴はココも600円。

1702tour4008.jpg

これが昔のヤツかどうかわかりませんが、ワタシは昔、JRのこのポスターで酸ヶ湯を知りました。
見たこと有るって方、多いんじゃないでしょうか。



1702tour4009.jpg

こっちは湯治部とか泊まり客の客室です。10年以上前、一度泊まりに来たことが有ります。



1702tour4010.jpg



1702tour4011.jpg

こちらが酸ヶ湯の名物、ひば千人風呂。

1702tour4012.jpg

当然、撮影は禁止ですから。写真は有りません。浴槽は大きいのと小さいの、二つ有ります。
小さい滝みたぃな打たせ湯も有ります。

何だか昔と違って半分で男性・女性を区切っているようでした。
混浴だってのに意味無いじゃん(なんの意味ww)





1702tour4013.jpg

あー、これこれ。こんな感じでした。湯は結構温泉の匂いが強め。
あがる時に温泉成分を洗い流すのはもったぃない、、というような事が書いてあり。なるほど。。



1702tour4014.jpg

歴史を感じる、津軽の誇る人気の温泉を堪能しました。

1702tour4015.jpg

お昼をだいぶ過ぎましたが、朝食バイキングもこなれて来て丁度良い時間。。
昼は浅虫温泉にある、これまた有名なスポットへ。

1702tour4016.jpg

鶴亀屋食堂
6年ぶりの訪問みたぃです(以前の記事はコチラ



1702tour4017.jpg

壁や天井に(トイレにもマグロとかのステッカーが異常なくらい神経質に鋲で留めて貼って有りまして、強烈な違和感圧迫感を感じました。
以前は有りませんでした。どーしちゃったんでしょうか

1702tour4018.jpg

店の感じが変わっちゃったんで、ドギマギしながら例のブツを探しましたが・・・、あれ?無い?



1702tour4019.jpg

あー、、有りました。壁に貼ってあるんでした。値段もラインナップも以前と違った感じです。

1702tour4020.jpg

マグロ丼(ミニ) 2000円
ミニて。。。まぁ確かに、ご飯の茶碗は女子が食べるサイズではありますが。。



1702tour4021.jpg

山盛りのマグロを取り皿に移し替え。初めから刺身とご飯頼んだら?と思う方もいらっしゃるでしょうww
食べる意欲を掻き立てられないマグロの色。正直テンション上がらんわぁー
いろんなトコロにマグロが塩釜産とアピールしてあるのも、仙台から来た我々には皮肉なマイナスポイントでしか有りません



1702tour4022.jpg

口直しじゃないけど以前食べた時の好印象が残ってたので「ラーメン 600円」を追加オーダー。


1702tour4023.jpg

コレは素朴で良かったです

1702tour4024.jpg

マグロ丼には時代の流れを感じてしまったけど、久しぶりのプチ・インパクトでした。
でも、やっぱ最初に出会った時の衝撃ってのは最初だけしか味わえないもの。。一抹の寂しさも感じたのでした


と、イロイロ探検隊の能代十八番ツアー、これにて無事終了~。。

総移動距離、ざっと900㎞
運転してくれたリーダー、それと暴飲暴食の限りを尽くした隊員のミンナ、大変お疲れ様です。
今度は仙台で反省会    だ 





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その③)

2017.02.15(06:06) 174

s-tour3.jpg

仙台を朝の6時半に出発し、
雪の秋田道を北上して能代の十八番でラーメンにありついて満足したイロイロ探検隊(仮称)。(赤いライン)
次いで不老不死温泉で真冬の日本海を背に露天風呂を満喫。。。(ピンクのライン)
今日の記事は黄緑のラインです。



1702tour3001.jpg

心細くなるような、細くて通行量の少ないアイスバーンの道路を走り続け(運転手ワタシじゃないけど)、何とか暗くなる前に本日の宿にたどり着きました。


1702tour3002.jpg

弘前市に有る公営・国民宿舎『アソベの森 いわき荘』(公式HPはコチラ



1702tour3003.jpg

ワタシはもちろん初めてですけれども、かなり人気の高い宿らしいです。
イロイロ探検隊(仮称)の隊長が一押しということでかなり前から押さえてくれていたのです。
実際、ワタシも今回泊まってみてリピーターになりそうです


1702tour3004.jpg

窓からは一面の津軽のリンゴ畑(っていう?)が雪に覆われている不思議な光景が。


s-01.jpg

お風呂は青森ヒバをふんだんに使った、香り高く優雅なお風呂でした。(撮影禁止です。HPから借用)


1702tour3005.jpg

夕食は洋風のコース料理。


1702tour3006.jpg

漬物はセルフで取り放題でした。珍しい漬物がたくさん有りました。津軽は漬物、ユニークなの多いんですものね。


1702tour3007.jpg

ちゃんと活きの良い刺身も出ました。


1702tour3008.jpg

串に刺したの、鮫(サメ)です。油鮫の酢味噌焼き。臭くなくて美味しかったです。
フキノトウの天ぷらは香り高く、苦みが強く大人な美味さで最高でした。。


1702tour3009.jpg

牛味噌煮込み
牛肉とジャガイモとリンゴの煮たの。リンゴをビーフシチューに入れた感じ。コレは有りだなと思いました。



1702tour3010.jpg

「蟹玉寿し」と書いてありました。茶碗蒸しみたぃなの。


1702tour3011.jpg

これで〆(しめ)。「津軽そば」は随分と柔らかく、歯がいらないくらい(笑)
店員さんに聞いたら、一度茹でたソバを保存しておいて、食べる前にまた茹でる、という保存食としてのソバなのだそうです。
ツユは煮干しの強めのダシが特徴的でした。


1702tour3012.jpg

デザートは蕨餅


1702tour3013.jpg

食後には青春兄妹の三味線生演奏を鑑賞し、東北人の感性を呼び起こされました。


1702tour3014.jpg

メンバーが秋田の銘酒を持って来てくれたり、道中買って来た津軽の酒など、多数の日本酒を部屋飲みで鑑賞し、東北魂さらに高揚ww


1702tour3016.jpg

明くる朝。朝だっていうのに夕べと同じような色の無い景色(爆)
これだから雪国の冬は気持ちが暗くなりがちです。。




1702tour3017.jpg

朝はバイキングでした。大型リゾートホテルあたりのバイキングと違い、モノが良かったです

これは良いトコロを知りました。いつか家族も連れて来てあげたいと思いました。冬で無い季節にww




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

陸奥国分寺 薬師堂で火渡り修行♪

2017.02.13(06:06) 173

1702hiwatari001.jpg

今日は細君と木下に有る薬師堂のお祭りへ。


1702hiwatari002.jpg

陸奥国分寺(むつこくぶんじ)は、宮城県仙台市若林区木下にある真言宗智山派の寺院。
護国山医王院国分寺と号す。本尊は薬師如来。

聖武天皇の発願によって建立された国分寺の1つで、奈良時代の740年代頃に創建された。
(中略)
明治時代に僧坊は1つを残して廃絶したが、薬師堂をはじめとする中心堂宇は維持された。

薬師堂は国の重要文化財に、古代の寺院跡は国の史跡に指定されている。
薬師堂の南西の准胝観音堂(準胝観音堂)は、江戸時代に設定された仙台三十三観音の第25番札所である。
(Wikipedia)



1702hiwatari003.jpg

風はあるものの春めいた日差しの好日でした。


1702hiwatari004.jpg

今日は本尊である『薬師瑠璃光王如来』の御開帳と、テレビなどでも有名な火渡りの修行が行われる日です。


1702hiwatari005.jpg

本堂に入れなかった人が一斉に入り口に殺到し始めました。御開帳が始まったみたい。


1702hiwatari006.jpg

法要の間、数十秒だけ厨子(ずし)が開かれるという事ですが、ワタシの肉眼では見られませんでした。


1702hiwatari007.jpg

法要が終わり、お坊さんが引き上げて行きます。次のイベントが有るので、皆さん大忙しです。。


1702hiwatari008.jpg

火渡りのイベント、いや修行が行われる会場はこんな感じに仕上がっています。


1702hiwatari009.jpg

修行に参加する人はこの行列に並びます。参加は自由で、誰でも参加可能っす。


1702hiwatari010.jpg

イベント 修行が開始されるまで、いろんな儀式が続きます。


1702hiwatari011.jpg

真言密教の流れをくむお寺ですので、山伏姿のお坊さんがたくさん小道具を使って、由緒や意味のある儀式を続けます。延々と。
寒空で見守る私たち。ある意味、修行かもです



1702hiwatari012.jpg

行列に並んで1時間後、ついに点火されました


1702hiwatari013.jpg

点火されましたが。。。。。。


1702hiwatari014.jpg

コレってすご過ぎないの?って感じの盛況ぶりww


1702hiwatari015.jpg

修行に参加する人はこぅして運ばれてくる「火伏せの梵天守護」を購入するようアナウンスが有ります。1体1000円也。
参加せずに梵天だけ買う人ももちろんいます。


1702hiwatari016.jpg

ワタシも無事、購入出来ました。



1702hiwatari017.jpg

山伏姿のお坊さんが渡り初めをして、いよいよ火渡り修行が始まりました。


1702hiwatari018.jpg



1702hiwatari019.jpg

一般の人の修行も始まり、ドンドンと列が進んでいきます。


1702hiwatari020.jpg

ワタシも靴下を脱いでスタンバイしつつ前に進みます。


1702hiwatari021.jpg

火渡りのトコまでは杉の葉っぱが敷き詰めてあります。
実際には炭の上を歩くというより土の上に感じますが、周りが炭火で温かいので修行というよりアリガタイ感じでした


1702hiwatari022.jpg

2時間ほど掛る、長いイベント 修行でしたが、無事に修行と祈願を終えることが出来ました。


朱印帳を持って来るのを忘れたのが悔やまれます。
まぁ近くなので、またいつか来たいと思います。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その②)

2017.02.10(06:06) 172

s-tour2.jpg

ラーメンを2杯喰い(ワタシは3杯)して満腹イロイロ探検隊(仮称)の4人。
能代から海っぷちの一般道を北上し、1時間半ほど走り、次の目的地である青森県の深浦町へ。
地図のピンクのルートですね。(意外とピンク見にくかったね




1702tour2001.jpg

『黄金崎 不老不死温泉』

ナニゲに公式HP(コチラ)や看板では「不老ふ死」と表記されています。
ワタシ的には今回のツアーのメインの場所。かなり昔から一回は行ってみたいと思っていたのです。


1702tour2002.jpg

日本海の荒波の中の露天風呂として有名。
テレビや雑誌などで見た事有りますよね。


1702tour2003.jpg

ココが温泉の建物。露天風呂からはちょっと距離がありますね。



1702tour2004.jpg

この辺は他に温泉が立ち並ぶわけでも無く、失礼ながら激・寂しい場所 に立つ一軒宿です。


1702tour2005.jpg

ココの宿は海の幸を豪快に使った料理が良いので有名らしいです。(お腹いっぱいですので何も食べられませんがww)



1702tour2006.jpg

例の露天風呂は「海辺の露天風呂」っていうネーミングのようですね。
今日は海が荒れていて「海辺の」っていうのどかな感じでも無いですww
浴槽は2つ有って、片方は女性用、もう1つは混浴だそうです。
日本海に沈む夕日を眺めながら入浴出来るんですが、日帰り入浴は16時までですので


1702tour2007.jpg

結構大きくて立派な温泉。儲かってそうですww


1702tour2000.jpg


日帰り入浴用のチケットを買ってフロントへ。料金は600円です。



1702tour2009.jpg

露天風呂に入るには、内風呂で体を流してからというルールだそうです。


1702tour2010.jpg

内風呂はぬるかったっす



1702tour2011.jpg

ぬるい内風呂に浸かって、また服を着て荷物も持って露天風呂へ向かいます。



1702tour2012.jpg

旅館建物から、こんな通路をダッシュして露天風呂へ。



1702tour2013.jpg

寒い  さむい  さみぃぃーーーっ!!


1702tour2014.jpg

着替え場所はDIYで作った感じの(笑)
洗い場は有りません。だから内湯を浴びてからっていうルールなんですね。



1702tour2015.jpg

ひょうたん型の浴槽。
本来は混浴ですが、幸か不幸か今日はこんな天候ですので、探検隊メンバー以外いませんでした。

湯は「加水かけ流し」という事ですが、今日は加水し過ぎみたぃで、内湯と同様、ぬるくてナカナカ湯から上がれない!
湯は含まれる鉄分のせいで錆(さび)色です。口に含んでみるとかなりショッパイです。それと目に入るとかなり痛いです


1702tour2016.jpg

念願かなって、これでワタシも探検隊メンバーも、歳を取らない不死身な体を手に入れました





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 



ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

能代十八番ツアー 2017♪(その①)

2017.02.09(06:06) 171

昨日、ホントは更新するはずの日だったんですが、二日酔いも有って曜日を間違えてまして。。
それに気付いたの午後からで・・・
楽しみにして下さっていた皆さん大変スミマセン・・・




1702tour1001.jpg

いぎなり積もった先週の金曜の朝。我々イロイロ探検隊(仮称)ツアー当日です。
よりによって決行の日に積もってくれて、天気の神様の演出には恐れ入りますww


s-tour1.jpg


今回、我々4人の仲間は飲み会で意気投合し、『能代十八番ツアー 2017』と題したツアーを企画しました。
休暇をとり、車に相乗りしての素人企画ツアー
何日かに分けてアップしていきたいと思います。
本日はまず、泉インターから高速に乗り一つ目の目的地、秋田県能代市まで(地図の赤い線ね)。




1702tour1002.jpg

北上から左に曲がって秋田道に入ってすぐの錦秋湖サービスエリアでトイレ休憩


1702tour1003.jpg

トイレに向かう探検隊メンバー。さながら命がけの雪中行軍です(笑)



1702tour1004.jpg

まぁこの辺は雪深いトコロだけど、それにしてもやっぱこの時期はすごぃなぁ。。。


1702tour1005.jpg

秋田道では除雪車がジャマで渋滞したりもしましたが、なんとか無事に能代に到着。。
あらあら。雪道はポケットに手をつっこんじゃいけません。良い子はマネしないでねww



1702tour1006.jpg

道路はビシッと凍ってます。。



1702tour1007.jpg

住宅地の中の一軒家。ココが第一の目的地です。


1702tour1008.jpg

『ラーメン 十八番』
看板はコレだけ。まさに知る人ぞ知る、知らない人は知らない(笑)名店。。



1702tour1009.jpg

ココの店は営業時間もユニークで、ネックなんですが、駐車場の確保もナカナカ難易度高いんですよね

1702tour1010.jpg

激コミ店ですが駐車場はこんだけ


1702tour1011.jpg

予定よりちょっと遅れ、11時の開店前には着けませんでした。
それでも正午にはなっていませんが、結構な混み具合。

1702tour1012.jpg

座敷席も有りますが、厨房入り口の特等席がちょうど4人分空いていたので陣取りました。
ラーメンの神様に守られましたww


1702tour1013.jpg

営業時間は昼11時から14時までの3時間水曜日、土日・祝日は定休日というナカナカの難易度です。
県外者は、こうしてワザワザ休暇でもとって出掛けて来ないと食べられないのです。。

メニューは味噌・塩・醤油の3種類。サイズも3種類。



1702tour1014.jpg

7分ほど待って、記念すべき第1杯目、着丼。


1702tour1015.jpg

「味噌・並 670円」

思い返せば2ヶ月ほど前、居酒屋で飲みながら秋田のラーメンのハナシになり。。
「秋田と言えば十八番じゃね?」「え?なんすか俺行った事無いスね」「あららソイヅはまずい。食いに行くが?」
と始まったこの企画。

実現し、目の前に届けられたドンブリに感無量。泣きそうです(笑)


1702tour1016.jpg

麺はポソポソとしたチヂレ麺。

1702tour1017.jpg

味噌は札幌味噌みたぃに濃厚な感じじゃなく、アッサリしてます。
それとレモンの小片が入ってるのがココの特徴。

1702tour1018.jpg

「醤油・並 620円」


1702tour1019.jpg

秋田と言えば醤油。キリッと輪郭のハッキリしたスープ。
ワタシ的にはコレが良いなぁ。。

1702tour1020.jpg

レモンでさっぱり、スッキリした味に〆られてる印象。スルスルッと食べられちゃいます。


1702tour1021.jpg

燻製のようないぶしチャーシューがスープにも溶け出して、旨みを深めています。


1702tour1022.jpg

「塩・並 620円」
2杯目の醤油まではあらかじめ注文しておいたのですが、醤油を食べながらイケルなと判断し、追加オーダーしました。


1702tour1023.jpg

澄み通った白湯のようなスープ。コレはまた不思議な均衡を保っています。


1702tour1024.jpg

3食食いで全メニュー完食出来ました。
日頃からのトレーニングが実を結んだ瞬間です


1702tour1025.jpg

戦い終えたラーメン戦士たちは、疲れた体を癒しに次の目的地に。
ぁ、帰りはポケットに入れてないww





ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


イベント トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

『支那そば ちばき屋』のランチセット(豚めし編)♪

2017.02.06(06:06) 170

1702chibakiya001.jpg

昼メシ食いに外へ出たら、思ったより風は強いし寒いし。。予定変更して近場に方向転換。



1702chibakiya002.jpg

『支那そば ちばき屋』
仙台駅東口にあるお薦め店の一つです。


1702chibakiya003.jpg

ココでランチセットってあんまり注文した事無いです。
お得なんでしょうかね。例えばAセットの支那そばと肉めしは、



1702chibakiya004.jpg

支那そばが単品で700円、、


1702chibakiya005.jpg

豚めしが単品だと350円っていうので、単品だと合計1,050円がランチセットだと950円。
なるほどね


1702chibakiya006.jpg

ってことで注文してみました
「ランチセットA  支那そば(塩)+豚めし 950円」



1702chibakiya007.jpg

目にも鮮やか。この器が良いんだよなぁ多分


1702chibakiya008.jpg

上品で繊細な淡麗スープ。


1702chibakiya009.jpg

麺まで穏やかな安定の一杯


1702chibakiya010.jpg

さて、豚めしの方は(たぶん)初対面です。小さな茶碗だと思ったら意外と深い。


1702chibakiya011.jpg

豚めし=豚丼
でした。
玉ネギが煮込まれたくせに存在感を維持していて、ちょっと苦手な感じ。
何よりご飯の炊きあがりがイマイチ

ココはやっぱ支那そば屋さんです。


1702chibakiya012.jpg

月曜日は休みです。




ブログランキングに参加中です
  どうぞ投票お願いします  

 


ぶらぱんだ


麺ぶらり トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年02月
  1. 『秋保・里センター』で「手づくりおひな様展」♪(02/27)
  2. ネコヤナギが咲きました♪(02/24)
  3. 『スイーツ系カップ焼きそば』体験記♪(02/22)
  4. 『熊本らーめん おっぺしゃん』の「おっぺしゃんらーめん(チャーシューマシ)」(02/20)
  5. 能代十八番ツアー 2017♪(その④・最終回)(02/17)
  6. 能代十八番ツアー 2017♪(その③)(02/15)
  7. 陸奥国分寺 薬師堂で火渡り修行♪(02/13)
  8. 能代十八番ツアー 2017♪(その②)(02/10)
  9. 能代十八番ツアー 2017♪(その①)(02/09)
  10. 『支那そば ちばき屋』のランチセット(豚めし編)♪(02/06)
次のページ
次のページ