スマホ御朱印帳♪

もともと寺社仏閣を見て歩くのが好きでしたが、数年前から御朱印帳を持ってからは、寺社巡りにハッキリした目的が一つ付け足された感じ。
少しオーバーな言い方ですが、御朱印は寺社巡りをする張り合いにつながっています。


そんなワタシ、ちょっと前にこんなスマホアプリを買って使っています。


1908gosyuin001.jpg

『スマホ御朱印帳』
こちらは有料版で、値段は1,500円
売り文句は「値段は御朱印帳1冊分」。なるほどww


広告表示が有り、機能も少し限定された無料版もあります。
ワタシは試用版として、使い勝手を見てみてから有料版を買いました。

なかなか楽しいアプリですので、ココで紹介しておきます。
アフェリエイト(宣伝)な記事ではありませんww


1908gosyuin002.jpg

コレがアプリの起動画面。実際のワタシのスマホです。
御朱印帳を使ってる人は分かると思いますが、表紙の柄とか質感って意外と大事です。
このアプリの表紙は何パターンから選ぶ感じです。
LINEの着せ替えみたいに、自分の好きな柄とかに着せ替え出来れば楽しいんですがね


1908gosyuin003.jpg

コレは先日、大人の休日倶楽部パスを使ったツアーで、東京上野の湯島神社(天満宮)へ行った時のブログ記事




1908gosyuin004.jpg

この時の写真をアプリに取り込んで、寺社の名称と、参拝日寺院なのか神社なのかあたりを入力します。



1908gosyuin005.jpg

もちろん、肝心の御朱印も写真を取り込んで登録。

こーいった写真は直接カメラを起動して撮影して登録することも出来ます。



1908gosyuin006.jpg

Googleマップと連動して寺社の名称で地図と住所を検索し、リンクを登録出来ます。
なにしろこの機能が秀逸です。


1908gosyuin007.jpg


こんな感じで過去の御朱印収集歴をコツコツと登録します。




1908gosyuin008.jpg

ある程度登録しますと、こんな風に今まで御朱印を頂いた履歴をGoogleマップで表示出来ます。
世界の地図が表示されてビックリしたりしますが、この機能はすんごく楽しいです。

ぁ~、ワタシ北海道行ってないなぁ、、とかツクヅク思います。
まぁ九州も行った事無いですが。。



とぃぅことで、ワタシの趣味のお供となっている、自己満足できるスマホ御朱印帳を紹介しました。

次回はいつか分かりませんが、最近使い始めた「スマホでラーメン戦績を管理出来るアプリ」を紹介しよっかな、と思ってます。。




ブログランキングに参加しています!
皆さん 投票お願いします
いつもどうもありがとぅございます♪♪

テーマ : ぱんだ生活
ジャンル : ブログ

『百尺観音』に再会♪(相馬市)

1906hyakusyaku000.jpg

今日は久しぶりに相馬市へ来ました。福島県と宮城県の境にある街。
国道6号線を北上して行くと亘理町とか仙台へ行き着きます。



せっかくなので、かれこれウン十年前、大学生の頃にバイト先の親方に連れて行ってもらった事の有る、懐かしい史跡へ足を延ばしました。

1906hyakusyaku001.jpg

国道から急にひょぃっと入ったトコロに有ります。油断すると通り過ぎる恐れありww
ずいぶんな年月が過ぎましたが、周りはあの頃のままのようです。


1906hyakusyaku002.jpg

『百尺観音』
(磨崖仏 百尺聖観世音尊像)

ちなみに、磨崖仏(まがいぶつ)とは自然の岸壁などに造立された仏像のこと。



1906hyakusyaku003.jpg

長々とイロイロ書いて有るのは、この石仏にそれだけドラマが有るからです。

地元の仏師荒嘉明氏が、諸国遊歴の後、生涯一仏一体を残そうと岩山を切開き建立したのが百尺観音です。
荒嘉明氏は、30余年の年月を費やし一人で彫り続けましたが、完成を見ないまま他界しました。




1906hyakusyaku004.jpg

2代目、3代目と事業は引き継がれたものの、東日本大震災で被害を受け、一部が崩落するなどしました。
現在、四代目の陽之輔氏が父祖の志を受け継いでいます。


1906hyakusyaku005.jpg

石仏はまだ未完成のうえ、震災被害からの再建も道半ばですが、
資金が不足していて皆さんに浄財をお願いしている、ということです。



1906hyakusyaku006.jpg


ありがたいお姿を見ていると、


kyanon.jpg

ガンキャノン

geta3.jpg
ゲッター3(スリー)

なんかを思い出す不遜なワタシは罪なオヤジ



1906hyakusyaku007.jpg

ん?碑の後ろに何だか現代風のデザインの物体が。。。


1906hyakusyaku008.jpg

ポケモンのモンスターボール    じゃねーっすかww


1906hyakusyaku009.jpg

そーぃやこんなの貼ってあります。
福島県、ポケモンで人集め中ですが、仏閣にも配置してるんですね。。



1906hyakusyaku010.jpg

観音様のご理解を頂いてるんでしょうから、良いですけどww




ブログランキングに参加しています!
皆さん 投票お願いします
いつもどうもありがとぅございます♪♪

テーマ : ぶらぱんだ
ジャンル : ブログ

日本三不動の一つ『中野不動尊』へお参り♪(福島市)

1808nakafudo001.jpg

休日の今日は、福島市内に有る『中野不動尊』へ。
以前から来たいと思っていた場所です。我が家からは車で30分弱のトコロに有ります。
天気良過ぎるほど良いのですが、お盆を過ぎたら急に爽やかになって、過ごしやすい暑さです。


1808nakafudo002.jpg

山のふもとに位置していて、イロイロ楽しげなスポットが有ります。
寺社仏閣が好きなワタシのような人にとっては、ワンダーランドみたぃなトコです


1808nakafudo003.jpg

お寺の入り口の駐車場以外にも、ずっと向こうの方にも駐車場が有って、大型バスが入って来ています。


1808nakafudo004.jpg

大型バスはどこから来たのか分かりませんが、お年寄りのツアー客が沢山(45名様だそうですww)降りて来ました。


1808nakafudo005.jpg

境内に入ると、正面にお守りやお札の授与所が。
御朱印もココで頂けるようです。参拝前に御朱印帳を託してお参りします。




1808nakafudo007.jpg

ここが参道入り口。


1808nakafudo008.jpg

祈祷殿
中野不動尊には3体の不動明王がお祀りされていて、ここには眼守不動明王が祀ってあります。


1808nakafudo009.jpg

絵になるコチラのお堂は大日堂。昭和55年に建てられたものです。


1808nakafudo010.jpg

まずは大日堂の上層へ。


1808nakafudo011.jpg

こちらには大日如来が祀ってあるほか、般若心経3万巻が納められているとのことです。



1808nakafudo012.jpg

下層へと降りる階段のすぐ脇に、小さいけれども勢いの良い、清らかなが有ります。


1808nakafudo013.jpg

不動滝というのだそうです。今でも滝行(お水とり)が行われる神秘的な滝です。
今の時期は水が少ないようですが、しばしの間、マイナスイオンを浴びる事が出来ました。



1808nakafudo014.jpg

下層には洞窟めぐりの入り口が有ります。

ところで、そもそもこの中野不動尊の成り立ちはどんな風だったのかと見てみると、

1179年(治承3年)春、恵明道人が1匹のカモシカに導かれ当地に入山し、未踏の地であった中野の山中に洞窟が人々により長きに渡り掘られ、各施設が建立され寺院として整備されて来た(Wikipedia)

のだそうで、



1808nakafudo015.jpg

修験者たちの道場としてたくさんの洞窟が掘られたものが、今では一本につながれて巡れるようになっているのだそうです。

思った通り洞窟の中はヒンヤリしていて、静かで、少し怖いです・・・


1808nakafudo0016.jpg

洞窟に入ってすぐのところには不滅の燈明というのが有って、これはこの山を開いた恵明道人が灯した聖火で、なんと平安時代から燃え続けている    のだそうです。
またこの奥には、三不動の一つ三ケ月不動明王が祀られているそうです。
間違って古来からの聖火を消してしまわぬよう、静かに先へ進みますww


1808nakafudo017.jpg 1808nakafudo018.jpg

1808nakafudo019.jpg

洞窟の中にはこんな風な童子の石像36体祀られていて、一つ一つの祠になっています。




1808nakafudo020.jpg

洞窟は向かいに見える大日堂の下層(白い服の人がいるとこ)から入って、不動滝の裏を通ってこの出口までL字型につながっているのでした。


1808nakafudo021.jpg

夏に来るのがオススメな、涼しげなスポットです


1808nakafudo022.jpg

画面は静やかですが、実際は蝉の鳴き声がヤカマシイほどしますww


1808nakafudo023.jpg

ココにもなんだか沢山、石仏が並んでいます。


1808nakafudo024.jpg

こちらがこの山のお寺の本堂


1808nakafudo025.jpg

『中野山 大正寺』
曹洞宗のお寺です。お寺自体は明治時代に開かれたものだそうです。
明治政府の修験道弾圧を受けて、この寺を建て、曹洞宗に改宗したのだそうです。


1808nakafudo026.jpg

ユニークなお面が並ぶ天井。どういう意味が有るのでしょうか。天狗とかが描かれているので修験道の名残か。


1808nakafudo027.jpg

本堂の中は自由に見せて頂けます。


1808nakafudo028.jpg

この本堂にはご本尊の厄除不動明王が祀られているとのこと。


1808nakafudo029.jpg



1808nakafudo031.jpg

本堂の中も綺麗にライトアップされていて、見せる工夫が随所に見える、現代を生きるお寺さんでした。


1808nakafudo032.jpg

御朱印不動明王が描かれていました。ステキ

良い休日のひとときを過ごせました。


1808nakafudo006.jpg

中野不動尊(公式HPはコチラ




ブログランキングに参加しています!
皆さんの投票、いつもどうもありがとぅございます!♪♪

テーマ : ぶらぱんだ
ジャンル : ブログ

松島 プチ御朱印巡り♪

休日こぱんだ細君と連れだって久しぶりに松島へ。

1807matusima001.jpg

食べる目的も有るのですが、それは後でご紹介するとして、
まずは平成の大修理が終わったばかりの『瑞巌寺』へ。


1807matusima002.jpg

平安時代に創建された「延福寺」が紆余曲折を経て「円福寺」となり、江戸時代になって伊達政宗によって造営され、1609年に完成したものです。
正式な名前は「松島青龍山瑞巌円福といい、両親がお世話になっているの石巻の禅昌寺と同じ、臨済宗妙心寺派のお寺です。
本堂、庫裡・回廊などが国宝に指定されています。



1807matusima003.jpg

平成20年から開始された本堂などの平成の大修理と、参道の震災復旧工事がこのたび終了し、
先日、6月24日に落慶法要が行われたところです。


1807matusima004.jpg

入場料は700円。ちょっと高い気がするのはワタシだけか


1807matusima005.jpg

国の重要文化財に指定されている中門の向こうには、修理を終えた本堂が見えます。

1807matusima006.jpg

大修理の工事中は非公開だった本堂。今日は全面公開されていました。建物内は撮影禁止ですって。
率直に言って、日光東照宮のように「おぉ!綺麗になった!」という目を見張るような変化は感じませんでした。


1807matusima007.jpg

本堂脇の臥龍梅(がりゅうばい)。

1807matusima008.jpg

庫裡(くり)も国宝
庫裡は禅寺の台所だと言いますが、キッチンだけ置いてあるのでは無いので、現代の我々のイメージとはちょっと違うようです。

1807matusima009.jpg

平成の大修理の落慶を記念して期間限定(7月31日まで!)で落慶記念の御朱印が頒布されています。



1807matusima010.jpg

落慶記念の絵葉書も貰えました



1807matusima011.jpg

瑞巌寺の次は、隣に有る『円通院』へ。


1807matusima012.jpg

円通院美しい庭園が人気の寺です。
秋になると必ずと言ってよいほど、ライトアップされた庭園がどっかの局でテレビ中継されます。


1807matusima013.jpg



1807matusima014.jpg

秋のライトアップされた紅葉も綺麗ですが、青い紅葉も見事なものです


1807matusima015.jpg

円通院は、江戸で謎の死を遂げた伊達政宗の嫡孫(てきそん=家督を継ぐ孫)であった伊達光宗の廟所として造られた寺ということです。


1807matusima016.jpg

光宗の霊廟、三慧殿(さんけいでん)は国の重要文化財に指定されています。


1807matusima017.jpg

岩の層を削った石窟はこの付近一帯に沢山見られます。


1807matusima018.jpg


1807matusima019.jpg



1807matusima020.jpg


1807matusima021.jpg

熱中症予防のためでしょうか、ミストが散布されています。気が利いていますネ
人も多くて暑さが倍増してる感じ

1807matusima022.jpg

円通院でも御朱印をいただきまして、ワタシの朱印帳、やっと1冊目が終わりました






ブログランキングに参加しています!
皆さんの投票、いつもどうもありがとぅございます!♪♪

テーマ : ぱんだ生活
ジャンル : ブログ

『小倉寺 千手観音』詣で♪(福島市)

1712senjyu001.jpg

この週末は用事が有って仙台へ帰らなかったので、福島でイロイロと好きな事をやっていました。
昨日は天気が良くってお出かけ日和でしたので、自転車    で以前から行ってみたかった千手観音が有るというお寺へ。


1712senjyu002.jpg

自転車で来るようなトコロじゃ無いというのは、坂を昇り始めてすぐ分かりました
ふもとからほぼ自転車は手押しして昇って来ました。
高い山の上からは、福島市内が一望でき、遠くの吾妻連峰がキレイに見えました。
まぁこれだけでも来て良かったです。んでも車で来ても良かったけどねww


1712senjyu003.jpg

さらに細い道を昇って行きますと


1712senjyu004.jpg

おぉ。ココが入り口のようです。


1712senjyu005.jpg

こっからは徒歩で7分ですって。

1712senjyu006.jpg

昔の人の足に合わせたサイズなのか、やたらステップの幅が狭い石段。
足がはみ出る感じで、危ねー。。
こんなトコから踏み外して落っこちたら命に関わります。慎重に。。


1712senjyu007.jpg

参道の途中、昔の人が寄進したお地蔵さまとかが有りました。

1712senjyu008.jpg

「長生は大酒暴食朝寝せず 家業大事に夜も一人寝」と読めます。
そんな節制して長生きしても何だかなぁ。
んでも明治の長澤さんは何歳まで長生きしたのか、興味ありますww



1712senjyu009.jpg

ココが頂上ですね。なんだか懐かしい広場。幼稚園で遠足に来るような感じです。
もしかすっと、さっきの石段は幼稚園児の足のサイズに合わせたのかもです(違)


1712senjyu010.jpg

ようやくお寺に到着。
1712senjyu011.jpg

『宝城山 大蔵寺』
臨済宗 妙心寺派のお寺だそうです。


1712senjyu012.jpg

山の上に有りますが、結構な大きさの境内。

1712senjyu013.jpg

平安時代の初期、坂上田村麻呂が東北鎮護のために千手観音を安置したのが始まりのお寺だそうです。
昔は違う場所に有ったのが、江戸末期にここ小倉山に移って来たとされています。


1712senjyu014.jpg

なんと素敵な事に、千手観音の拝観は予約制みたぃですな
境内はお自由にお参り下さいだって


1712senjyu015.jpg

神社が有りました。『八幡神社』
社殿は明和2年に改築されたものだそうです。
明和というと江戸時代、エレキテルの平賀源内や解体新書の杉田玄白が活躍した時代です。


1712senjyu017.jpg

神社の脇に、奉納された大きなワラジが有りました。
s-122412.jpg

福島市民に愛される大ワラジですが、ワラジというより「うなぎパイ」に見えるのはワタシだけでしょうねww




1712senjyu018.jpg

うなぎパイの脇の階段を昇ったトコロにお堂が有ります。

1712senjyu019.jpg

観音堂ですね。


1712senjyu020.jpg

立派な扁額です。

1712senjyu021.jpg

ようやくココまで来ましたが、千手観音は拝観出来ないので入り口の格子の隙間から盗撮(泣)
あの扉の奥に千手観音が有るのでしょうか。
んでもなぁ、、情報だと千手観音は高さ4mだと言いますので、あそこには入らないような気もします。。


1712senjyu000.jpg

コチラが要予約『木造千手観音立像』 国指定重要文化財 (昭和37年6月21日指定)
福島市のHP(コチラ)から借用しました。



1712senjyu022.jpg

天気も良く、手入れの行き届いた綺麗なお寺と、すばらしい景色が見られたので、まずは良かったです





ブログランキングに参加しています!
皆さんの投票、いつもどうもありがとぅございます!♪♪

テーマ : ぶらぱんだ
ジャンル : ブログ

プロフィール

ぱんだ♂

Author:ぱんだ♂
雨の日も有る 風の日もある 走って転んで寝そべって♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 2016
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
いま見てるパンダ
現在の閲覧者数: